韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスンの未来、両翼はシステム半導体とバイオ

サムスンの未来、両翼はシステム半導体とバイオ

サムスンが24日発表した240兆ウォン(約22兆6000億円)規模の投資計画には、半導体、バイオ分野を集中的に育成し、アフターコロナの時代にも世界のテクノロジー市場をリードしていくとする強い意志が反映されている。第5世代(5G)移動通信、人工知能(AI)、電気自動車(EV)など未来産業の重要素材である半導体のほか、コロナを経験して急成長したバイオ産業を韓国経済の二大軸に育てる狙いだ。

サムスンの年間投資額80兆ウォンは昨年の韓国企業全体の年間設備投資(167兆7000億ウォン)の半分に達する規模で、サムスン電子の昨年の営業利益(36兆ウォン)の2倍を超える。サムスンは特に国内だけで年間60兆ウォンずつ合計180兆ウォンを投資する。財界関係者は「国内経済の活性化と雇用創出にサムスンが役割を果たすべきだとする社会的期待に応えようとするものだ」と指摘した。

サムスンは今回の投資計画で半導体・バイオ産業の育成を前面に掲げた。サムスンは半導体について、「世界の半導体市場の覇権競争がこれまで例がないほど激化しており、サムスンだけでなく、韓国経済の核心基盤である半導体の生き残りを図るため、攻撃的に投資を行う」とした。世界首位を守っているメモリー半導体では圧倒的な技術とコスト競争力に基づく次世代製品で後発企業との差を広げる計画だ。

スポンサードリンク
システム半導体は世界初の新たな製造プロセスの開発を通じ、台湾積体電路製造(TSMC)に追い付き、世界トップに飛躍する計画を再確認した。サムスンは今年5月、2030年までにシステム半導体分野に171兆ウォンを投資すると表明しており、同分野だけで今後3年間に少なくとも50兆ウォン以上が投じられる見込みだ。

バイオ産業は「第2の半導体」に育成する。現在建設しているサムスンバイオロジクスの第4工場が完成すれば、サムスンのバイオ医薬品生産能力は世界トップに立つ。サムスンはそれに満足せず、第5、6工場を建設し、バイオ医薬品以外にワクチン、細胞・遺伝子治療剤などの次世代製品の生産にも攻撃的に参入する。韓国にバイオ医薬品生産ハブを構築し、韓国のバイオ主権を確保していく。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/25/2021082580003.html

2014-05-09-sam.jpg

韓国のサムスン・グループは、バイオ医薬、人工知能(AI)、半導体、ロボット工学に今後3年間で240兆ウォン(2056億4000万ドル)を投資する。ロイター通信は、サムスン電子が24日、明らかにした。新型コロナウイルス後の成長を目指すと報じている。米国の半導体工場に170億ドルを投資するとの報道についても、詳細を明らかにしなかった。テキサス州に提出された文書によると、同社は半導体受託生産工場の建設候補地として、同州ウィリアムソン郡を検討している。1800人の新規雇用が創出されるとした。

2018年に発表した3カ年戦略との比較では30%の増額となった。特に国内外が「緊急事態」にある中、技術面のリードを維持するため、増額を決めたという。サムスン電子は「半導体は韓国経済を守る産業だ。積極的な投資は生き残りをかけた戦略で、一度競争力を失えば、まず二度と取り戻せない」と述べている。優良な人材への投資不足が個人的には問題と考える。工場建設だけ進んでも、アイデアマンとなる行動力のある人材への投資は不可欠。特に韓国は幹部候補だけ排出する教育システムであるから、実務分野での製造技術が大きく劣る。

関連記事

[ 2021年08月25日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp