韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国内旅行と免税ショッピングを同時に…日本上空飛行後、済州到着

韓国内旅行と免税ショッピングを同時に…日本上空飛行後、済州到着

旅行会社と免税店が売上創出のため、従来の無着陸国際観光飛行に国内旅行を加えた形の新しい旅行商品を発売する。利用者側は航空機で国内旅行をしながら出発地や到着地の免税店の利用はもちろん、機内免税品のショッピングもできるのが特徴だ。

アシアナ航空は25日、「金浦(キムポ)-済州(チェジュ)国際線観光飛行」を9月24日、運航すると発表した。午後12時45分に金浦(キムポ)空港を出発し、釜山(プサン)と日本上空を旋回した後、14時05分に済州(チェジュ)空港に到着する。国際線運航なので搭乗のためにはパスポートの提示が必要であり、機内免税店はもちろん金浦国際空港および済州空港免税店も利用できる。機内免税店はアシアナ航空のインターネット免税店(dutyfree.flyasiana.com)で事前予約注文をする方式でのみ利用できる。

同便は片道1回だけ運航し、帰りは済州~金浦の一般国内線を利用する。スペシャルツアー(www.specialtour.kr)とハリカツアー(www.harika.co.kr)旅行会社のホテル宿泊とレンタカーで構成された自由旅行パッケージ商品やホテル宿泊およびゴルフツアーパッケージ商品を利用する方式で乗ることができる。アシアナ航空は「済州旅行と免税品のショッピングができる一石二鳥の商品だ。利用者の反応がよければ、旅行会社と協議し、追加運航も計画している」と説明した。

スポンサードリンク
このような航空便はエアーソウルも9月17日、ロッテ免税店のチャーター便として運航する。金浦国際空港を出発して日本上空旋回飛行の後、済州に到着する。ロッテ免税店は免税品の売上創出のため、座席を全量購入した後、8月17日以後ロッテ免税店明洞本店やワールドタワー店、COEX店、釜山店で550ドル分以上購入した顧客に先着順で提供している。 エアーソウルのパク・ボギョン課長は「免税店チャーター機で運航すれば、座席が売れないリスクがないため、航空会社側も歓迎している」と話した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/40925.html

2021-08-26-k002.jpg

韓国航空大手のアシアナ航空は25日、ソウル・金港国際空港を出発し、釜山、日本上空を飛行後、韓国南部・済州島の済州国際空港に到着する遊覧飛行を来月実施すると発表した。来月24日午後0時45分に金浦空港を出発し、午後2時5分に済州空港に到着する。国際線運航にあたるため、搭乗者は旅券を所持する必要がある。機内での免税品購入や金浦空港の免税店利用も可能だ。

格安航空会社(LCC)のエアソウルも来月17日に金浦空港を出発後、日本上空を飛行し済州空港に到着する遊覧飛行を実施する。 一方、LCCのチェジュ航空はグアム政府観光局の支援を受け、グアムをテーマにした遊覧飛行を実施する。来月11日と18日に仁川国際空港と金浦空港をそれぞれ発着する計4便を運航する。機内イベントでグアム旅行キットなどを乗客に贈呈する予定としている。

関連記事

[ 2021年08月26日 08:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp