韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国SKバイオサイエンス、新型コロナワクチン臨床第3相被験者投与…内外4000人対象

韓国SKバイオサイエンス、新型コロナワクチン臨床第3相被験者投与…内外4000人対象

SKバイオサイエンスと米ワシントン大学タンパク質設計研究所(IPD)が開発した新型コロナウイルスワクチンが臨床第3相に入った。SKバイオサイエンスは30日、「臨床第3相を始めた新型コロナウイルスワクチン候補物質(GBP510)を初めて被験者に投与した」と明らかにした。食品医薬品安全処は10日にGBP510の臨床試験計画(IND)を承認した。

GBP510の臨床第3相は今後、安岩(アンアム)、安山(アンサン)、九老(クロ)の高麗(コリョ)大学病院と、新村(シンチョン)と原州(ウォンジュ)のセブランス病院など韓国国内14機関と欧州・東南アジアなどの海外機関で進める。内外の満18歳以上の成人4000人余りが試験対象だ。遺伝子再調合技術で作られた合成抗原ワクチン(GBP510)を英国系製薬会社グラクソ・スミスクラインの免疫増強制と混合し28日間隔で2回筋肉投与する方式だ。

SKバイオサイエンスは国際ワクチン研究所(IVI)とともに東欧と東南アジアで国別に臨床第3相IND承認申請を計画中だ。早ければ来月海外でも臨床に入るという計画だ。SKバイオサイエンスがGBP510の開発を完了すれば韓国の新型コロナウイルスワクチン需給を大きく改善できる。SKバイオサイエンスが主導的に生産・供給計画を立てられるためだ。長期的に変異株にすばやく対処する機会にすることもできる。

スポンサードリンク
新型コロナウイルスワクチン候補物質を支援する次世代新型コロナウイルスワクチンプロジェクト(Wave2)はGBP510を最初の支援対象に選定した。したがってSKバイオサイエンスがGBP510商用化に成功すれば、COVAXファシリティは数億回分のワクチンを開発途上国などに供給する。韓国もCOVAXファシリティが供給するワクチン供給対象だ。
https://japanese.joins.com/JArticle/282411?servcode=300§code=320

2021-08-31-k004.jpg

SKバイオサイエンスは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)などの支援を受け、米国ワシントン大学の抗原デザイン研究所と共同開発し、新型コロナワクチン候補物質「GBP510 」の臨床第3相試験計画を28日、韓国国内食品医薬品安全処に提出している。国内で開発された新型コロナワクチンの臨床第3相試験計画が食薬処に提出されたのは、今回が初めてとなる。

SKバイオサイエンスは、韓国をはじめとして、国際ワクチン研究所(IVI)と共に、ヨーロッパ、東南アジアなどの国でも、臨床第3相IND申請を順次進める計画で、来年上半期、商用化を目指している。 またベトナム保健省が韓国の財閥SKグループに対し、ベトナムへのワクチン工場建設を要請しており、SK関係者は、ワクチン工場設立については、同社と保健省が製薬関連の投資に関して協議を行うなか、ワクチン確保が急務との理由で要請があったとしている。

関連記事

[ 2021年08月31日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp