韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「来年8月打ち上げ」 韓国の月軌道探査船にNASAのシャドーカム装着

「来年8月打ち上げ」 韓国の月軌道探査船にNASAのシャドーカム装着

来年8月に打ち上げが予定されている韓国初の月軌道探査船「KPLO」に、米航空宇宙局(NASA)の精密カメラ「シャドーカム」が装着された。韓国科学技術情報通信部(省に相当)が30日、発表した。

シャドーカムは月の「永久影地域」を撮影する特殊カメラだ。永久影とは、太陽光が全く当たらず氷が存在すると予想されている場所で、月の極域にある深いクレーターなどに分布している。光が当たらないため一般のカメラでは撮影が難しく、シャドーカムのような特殊装備が必要となる。 韓国政府は、今年5月に米国主導の有人月面探査プロジェクト「アルテミス計画」への参加を決めたのに続き、今回シャドーカムを装着したことで、月探査における両国の協力が順調に進んでいることをあらためて確認したと説明した。

月軌道探査船は来年8月、米国のスペースXロケットを利用して打ち上げられ、1年にわたり月軌道を回って月面を観察する。シャドーカムが把握する永久影と氷の位置の情報は、2024年以降に予定される米国の有人月面探査船の打ち上げ任務にも活用される。氷のあるエリアが、オアシスのように有人月面探査の拠点の役割をすることになるわけだ。

スポンサードリンク
科学技術部のクァン・ヒョンジュン巨大航空研究政策官は「探査事業は、韓米の相互互恵的協力を通じて深宇宙探査の核心技術を確保すると同時に、今後の月面着陸船開発など宇宙探査の始発点になると期待している」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/08/30/2021083080180.html

2021-08-31-k006.jpg

シャドーカムは、観測するのは月の極地域に存在する永久影となる。永久影は、月の極地域のように、太陽の高さが低い(太陽光が低い高さから射す)場所でみられる。クレーターの縁などで太陽光がさえぎられると、クレーターの縁などには永久に太陽の光が当たらない場所ができる。この場所を「永久影」と呼ぶ。永久に影ができる(太陽の光が当たらない)ということは非常に寒い場所であり、NASAの探査機「ルナー・リコネサンス・オービター」(LRO)の観測では、この永久影の温度はマイナス238度という結果が出ている。

一方、温度が低いということは、揮発性物質が永久に存在する可能性が高い。そこで、将来の月面基地の開発では永久影領域に存在する水を利用するということが重要とされている。NASAはこの月の水の存在の探査に力を入れており、特に月面基地の候補地とされている月の南極の「シャックルトン・クレーター」の永久影の探査を重要視している。今回のシャドーカムの探査もシャックルトン・クレーターの永久影となる。

関連記事

[ 2021年08月31日 09:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
自前のロケット無しの月探査船なんて禿頭のカツラ
宇宙探査船の技術の殆どは打ち上げロケットの技術だから自前のロケット無しの探査船なんて無意味。
禿頭の男がかつらを被って「このヘアスタイルいいだろう」と自慢いていると同じ事。
無様である。

[ 2021/08/31 12:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp