韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の今年の新生児、高校卒業時には国の借金1億ウォン背負う

韓国の今年の新生児、高校卒業時には国の借金1億ウォン背負う

国の債務が速いスピードで増えており、今年生まれた子どもが高校を卒業する時には1億ウォンを超える国の借金を背負うという見通しが出てきた。韓国経済研究院は30日、「国の債務増加と生産可能人口当たり負担額」分析結果を発表した。これによると、新型コロナウイルス発生前の2014~2019年の国の債務増加速度は年平均6.3%だった。こうした増加傾向が続く場合、15~64歳の国民1人当たりの国の借金は2038年に1億ウォンを超え、2047年に2億ウォン、2052年には3億ウォンを超えると予想された。

韓国の国の債務は昨年末基準847兆ウォンで、名目国内総生産(GDP)比44%を記録した。2018年に35.9%だった債務比率は2019年には37.7%に上昇し、昨年は初めて40%を超えた。新型コロナウイルス流行などに対応して財政支出を急激に増やし、2020年の1年だけで国の借金が124兆ウォン増加したためだ。企画財政部によると今年にも災害支援金支給などで国の債務は急増がつづき、国の債務比率は47.2%まで上がると予測される。

これまで韓国政府は国の債務比率40%を政府の財政健全性のマジノ線としてきた。国の格付けAAの国の大部分が債務比率40%以下を維持している。韓国経済研究院は「世界3大格付け会社のひとつであるフィッチ・レーティングスも最近韓国の債務急増が経済に潜在的脅威になりかねないと指摘した。新型コロナウイルスの特殊性を考慮しても最近の韓国の国の債務増加速度は非常に懸念される水準」と話した。

スポンサードリンク
韓国経済研究院は今後国の債務増加率が新型コロナウイルス発生前の水準である年平均6.3%台を維持するとしても国の債務は2030年に1913兆ウォン、2040年に3519兆ウォン、2050年には6474兆ウォンと急速に増えるだろうと予想した。ここに少子高齢化で生産可能人口が減少し、未来の国民の債務負担はさらに増える見通しだ。

統計庁が2019年に発表した将来人口特別推計によると、韓国の生産可能人口は昨年末の3736万人から2030年が3395万人、2040年が2865万人、2050年が2449万人と着実に減少すると予想される。最近の国の債務増加速度と生産可能人口見通しを基準として計算した結果、生産可能人口1人当たりの国の債務は昨年末の2267万ウォンから2038年に1億502万ウォンに増え、2047年に2億1046万ウォン、2052年には3億705万ウォンまで増加する。
https://japanese.joins.com/JArticle/282420

2021-09-01-k001.jpg

「債務」とは簡単に言えば、ある国が別 の国に対して抱える借金となる。 たとえば、開発途上国のA国が自国の 開発のために、先進国のB国から資金 を借り入れたとします。 その資金は期 日どおりに利子を加えてA国からB国に 返されなくてはなりません。韓国の国家債務は、コロナによる財政支出の急増のため昨年だけでも124兆ウォン(約11兆7000億円)増加し、昨年末基準で847兆ウォン(約79兆9000億円)にまで急増した。国内総生産(GDP)比で見た国家債務の比率は44%を記録した。対外依存度が高い非基軸通貨国である韓国は、国家債務のGDP比40%を財政健全性の防衛ラインとしてきた。今年は国家債務のGDP比が47.2%まで跳ね上がる。

国家債務の増加速度がコロナ問題以前の水準に鈍化したとしても、国家債務は30年に1913兆ウォン(約180兆円)、40年には3519兆ウォン(約332兆円)、50年には6474兆ウォン(約611兆円)まで急激に増加するとしている。少子高齢化による生産可能人口の減少効果が深刻になる中、韓国国民1人当たりの国家債務負担も急激に増える事になる。統計庁が発表した人口展望を基盤に計算してみると、生産可能人口1人当たりの国家債務は20年末で2267万ウォン(約214万円)だったが、38年には1億502万ウォン(約991万円)、47年には2億1046万ウォン(約1985万円)、52年には3億705万ウォン(約2896万円)に達するとした。

関連記事

[ 2021年09月01日 07:55 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp