韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  菅首相、1年で退陣へ…自民党総裁選への出馬断念

菅首相、1年で退陣へ…自民党総裁選への出馬断念

日本の菅義偉首相は29日に予定されている自民党総裁選に出馬しない意向を表明した。続投を諦めるという意味で、1年で首相の座から退くことになった。

菅首相は3日、記者団に対し、「(同日午前に開かれた)自民党役員会において新型コロナ対策に専念したい、そういう思いの中で自民党総裁選挙には出馬をしないと申し上げた」と述べた。 また「首相になって1年間、まさに新型コロナ対策を中心とする様々な問題について全力で取り組んできた」としたうえで、「コロナ対策と選挙活動を両立はできない、どちらかを選択すべきだ」と付け加えた。菅首相は今月末、総裁の任期満了に合わせて首相を辞任するものとみられる。

菅首相の続投を阻んだのは不十分な新型コロナ対策だ。安倍晋三前首相が任期を1年残して健康上の理由で辞任し、昨年9月に発足した菅政権は初期に70%以上の支持率を誇ったが、新型コロナの感染拡大に十分に対応できず、世論が完全に変わった。最近、すべてのメディアで過去最低水準の支持率が続き、一部では「危険水域」のの20%台まで落ち込んだ。朝日新聞は「国民に対する説明不足と(状況を)自らに都合のいい『楽観シナリオ』への傾斜が目立った」と批判した。

スポンサードリンク
国民の直接選択を受けなければならない衆院総選挙が目前に迫るにつれ、自民党内で「菅氏では次の総選挙に勝てない」という不信感が急速に広がった。特に衆参再補欠選挙、横浜市長選など菅政権発足後8回の与野党対決で自民党が事実上全敗し、政治的基盤が脆弱な若手議員を中心に「菅離れ」の動きが本格化した。

菅首相はわずか数日前まで自民党執行部人事を断行し、「勝負」に出るなど、続投への意欲を見せたが、結局出馬を断念せざるを得なかった。自分を首相に押し上げた二階俊博自民党幹事長の交代などの切り札は、むしろブーメランとなった。読売新聞は「総裁選直前に異例の人事には、党内からは『自分の延命のため』と反発が強まっていた」と報じた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41010.html

2021-09-04-k001.jpg

首相の総裁選不出馬を受け、自民党は総裁選で選出した総裁を臨時国会で首相指名し、衆院選に臨むことになる。総裁選には、岸田文雄前政調会長が出馬を表明しているほか、高市早苗前総務相も意欲を示している。このほか河野太郎ワクチン担当相、石破茂元幹事長らの立候補も焦点となる。 韓国にとっては、韓国無視の菅総理は厄介であったことだろう。日本国民にとっては、残念でならないという部分と、ある程度予想の範囲内であるともいえるが、もう少し頑張ってほしいという気持ちが入り混じる。

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の合同世論調査で、次の首相にふさわしい政治家を尋ねたところ、河野太郎行政改革担当相が17.9%で、5月の調査から4カ月連続でトップだった。前回調査(7月17、18両日実施)で3位だった菅義偉(すがよしひで)首相は6.6ポイント減の2.5%で7位に沈んだ。2位は前回に続き自民党の石破茂元幹事長で15.5%。11.4%の小泉進次郎環境相、8.6%の安倍晋三前首相と続いた。

関連記事

[ 2021年09月04日 08:14 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp