韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ドイツ・ダイムラー会長「車両用半導体不足、2023年まで続く可能性」

ドイツ・ダイムラー会長「車両用半導体不足、2023年まで続く可能性」

車両用半導体の不足が2023年まで続く可能性があるとの懸念が示された。 ドイツの自動車メーカー、ダイムラーのオーラ・ケレニウス会長はドイツのミュンヘンで開かれた国際モーターショーで、半導体メーカーの示した展望を引用し、「半導体不足は構造的な問題のため、来年まで出血を強要し、その後は回復するだろう」と述べた。BBCが6日(現地時間)に報じた。

ケレニウス会長は「これは、供給不足が2023年まで続く可能性があるということを意味する」とし「どうか、最近2カ月間に我々が経験したのと同水準の半導体不足でないことを願う」と付け加えた。同氏は、半導体の供給不足によりマレーシアで工場を閉鎖したとし「こうした事態は、第3四半期の生産と販売に大きな影響を及ぼすだろう」との懸念を示した。 

フォルクスワーゲンのヘルベルト・ディース最高経営責任者(CEO)も、車両用半導体の不足で中国市場でのシェアが落ちたとし、「本当に大きな懸念だ」と述べた。米CNBCが伝えた。同氏は「モノのインターネットが急速に成長しているため、我々は今後も全般的な半導体不足に直面するだろう」と述べた。

スポンサードリンク
半導体を含めた車両部品の不足を招いた原因については、「突然の自動車需要の増加」が真っ先にあがっている。ドイツの自動車部品メーカー、ボッシュのハラルト・クレーガー取締役は「わずか1年前は新型コロナウイルスの暗い時代で、販売は減っていたし、誰も自動車需要がこのように劇的に回復するとは予想できていなかった」と述べた。そして「我々は当然にも、急増している需要に応えるために最善を尽くしている」と付け加えた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41044.html

2021-09-07-k001.jpg

世界の自動車業界は今年初めから起きている半導体供給不足が下半期にピークに達し、来年からは緩和されるものと予想してきた。しかし最近東南アジアで新型コロナウイルスのデルタ株拡散により工場が稼働停止しており、来年以降まで影響を及ぼす可能性が大となった。東南アジアにはドイツのインフィニオン、オランダのNXP、スイスのSTマイクロエレクトロニクスなどが運営する半導体組み立て工場がある。マレーシアだけで世界の車載用半導体の13%を生産する。

また半導体委託生産最大手の台湾TSMCが収益の高いスマートフォン用半導体などに重点を置いて生産単価を上げたことも影響を及ぼした。これに伴い、世界の自動車メーカーは下半期業績見通しを引き下げている。メルセデス・ベンツは半導体不足により7-9月期の販売台数が大きく減少すると予想した。今年初めから減産に入ったゼネラルモーターズ(GM)は北米8カ所の工場が6日から再び生産台数を減らすと明らかにした。

現代自動車も2カ月単位でチェックした生産台数を最近では1日単位に減らして非常体勢を稼動中であるし、韓国GMは今年約10万台の生産に影響するだろう。市場調査会社JDパワーによると、先月の米国の乗用車販売は前年同月より18%減少した。市場調査会社IHSマーケットは今年の自動車生産台数は710万台まで減少する可能性があるとしている。

関連記事

[ 2021年09月08日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
幼稚な 言い訳
大メーカーダイムラーのトップが随分幼稚な
言い訳してますね。半導体不足は昨日今日の
問題ではない。足りないと分かっているのに、
部材調達可能数を上回る自動車生産計画を
立てるのが間違っている。台数出したいなら、
自前で部材を作るのが道理だろう。
[ 2021/09/08 09:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp