韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国SKグループ、中国のレンタカー事業から撤退…トヨタに事業譲渡

韓国SKグループ、中国のレンタカー事業から撤退…トヨタに事業譲渡

SKグループの中国事業持ち株会社SKチャイナはこのほど、中国でのレンタカー事業会社「SKオートサービス」の全株式を3億元(約51億円)でトヨタに売却した。

今回の売却でSKグループは中国のレンタカー市場に進出してから10年目で撤退することになった。SKグループは2011年、錦湖グループから錦湖レンタカーを買収し、中国のレンタカー事業に進出した。SKチャイナは中国国内の事業構成を再編する一環だと説明した。売却代金は中国国内の有望なスタートアップ企業への投資などに充てる方針だ。

トヨタはSKのレンタカー事業買収に積極的だったとされる。トヨタは中国で自動車販売だけでなく、モビリティー企業としての地位を築くという目標を掲げ、中国国内でレンタカー企業を積極的に買収しているという。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/08/2021090880002.html

スポンサードリンク
トヨタ自動車は中国で旅行者向けのレンタカー事業に昨年から参入している。金融子会社のトヨタファイナンシャルサービス(名古屋市、TFS)や中国の統括会社が、現地ディーラーと合弁で新会社を設立し、中国南部にあり、リゾート地として知られる海南島(海南省)での利用を実施している。他の主要都市での展開も検討している。スマートフォンの普及などでレンタカー市場が拡大したため進出を決めたという。

2014-03-07-sk.jpg

SKグループは2011年、錦湖グループから錦湖レンタカーを買収し、中国のレンタカー事業に進出したが、難しい状況が続いた。中国における韓国の外資系企業は、現在再編中となる。他国へ切り替えたところで、日本や中国との企業競争は避けられない。 韓国外資系企業のインドネシア進出にしても、日本企業や他国企業との競争で優位性を得るのは難しい。 今の韓国経済において、中国との向き合い方を韓国政府と共に模索中という事だ。

関連記事

[ 2021年09月08日 08:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp