韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、退任後の年金は月に約131万円、歴代大統領で唯一受給か

文大統領、退任後の年金は月に約131万円、歴代大統領で唯一受給か

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が来年5月に退任以降、受給する年金の金額が明らかになった。9月8日、韓国・世界日報が報じた。野党「国民の力」のイ・ヨン議員は8日、行政安全部の「2022年度予算案及び基金運用計画案事業説明資料」を公開。これによると、文大統領が退任後に受給する年金は年間約1億6690万ウォン(約1571万円)で、12カ月で割ると約1390万ウォン(約131万円)になるという。

韓国政府は「前職大統領法礼遇に関する法律」と施行令に基づき、元大統領や遺族に年金を支給することにしている。支給額は大統領報酬の年額の95%と定められており、文大統領の報酬年額は1億7556万ウォン(約1653万円)となるため、年金額は95%である1億6690万ウォンになると推定されている。報酬年額には、「公務員報酬規定」に基づき職位や資格・経歴などに応じて算定される給料の月額と、「公務員手当規定」が定める項目中、期末、精勤手当、加算金が含まれるとのこと。

しかし記事は「現在、この年金を受ける元大統領は1人もいない」と報道。「在職中に弾劾裁判で罷免されるか禁錮刑以上の判決を受けると、年金を含め『前職大統領への礼遇』をほぼ受けられなくなる」とし、「元大統領の全斗煥(チョン・ドゥファン)、盧泰愚(ノ・テウ)、李明博(イ・ミョンバク)、朴槿恵(パク・クネ)氏らはすべて懲役刑を下されている」と説明している。

スポンサードリンク
また現在、金泳三(キム・ヨンサム)元大統領夫人の孫命順(ソン・ミョンスン)氏と、盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領夫人の権良淑(クォン・ヤンスク)氏の2人のみ、大統領報酬年額の70%である遺族年金を受け取っているという。
https://www.recordchina.co.jp/b882131-s25-c100-d0201.html

2021-09-10-k003.jpg

韓国大統領の任期は、1期5年で再選がない。文氏の任期は来年5月までで、残り10カ月を切った。今回こそ、退任した大統領は、平穏無事に余生を過ごすことができるのだろうか…。というのも、歴代大統領のほとんどが退任後に逮捕・収監されたりしているからだ。「世界で最もリスクが大きい職業の一つ」と言っても過言ではない。

文氏の場合は、日本との条約を破っただけでも重罪となる。挙句に慰安婦合意も破棄しており、退任後に待ち構える問題は多岐にわたる。安心して年金を受給出来る状態にはならないだろう。

関連記事

[ 2021年09月11日 08:20 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp