韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国軍、SLBM発射管10基を備えた潜水艦を建造

韓国軍、SLBM発射管10基を備えた潜水艦を建造

潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の発射管を10基備えた3600トン級の潜水艦が韓国の独自技術で開発される。防衛事業庁(防事庁)は10日、「大宇造船海洋と9857億ウォン規模(現在のレートで約928億円)の張保皐III型バッチII2番艦の建造契約を締結した」と発表した。バッチII事業の3600トン級潜水艦は全長89メートル、幅9.6メートル、ディーゼル推進の潜水艦だ。先月建造に着手した1番艦に続く2隻目の3600トン級潜水艦だ。

最近韓国海軍に引き渡されたバッチIの1番艦(先導艦)「島山安昌浩」(3000トン級)より重量があり、全長も5.5メートルほど長くなった。バッチIの潜水艦はSLBM発射管6基を備えているが、バッチIIでは最大10基の発射管を備えるように設計されている。なお韓国軍は、SLBM発射管を搭載しているかどうかについて公式には明らかにしていない。しかし最近、島山安昌浩のSLBM試射に成功しているだけに、最新鋭潜水艦にもSLBM発射管を搭載するとの見方が出ている。

また、韓国で初めて鉛バッテリーの代わりにリチウムバッテリーが搭載される。中・大型潜水艦にリチウムバッテリーを用いるのは世界で2番目だ。リチウムバッテリーは鉛バッテリーより寿命が長く、さらに長時間の潜降が可能だ。探知・標的処理の性能が改善された戦闘システムやソナー(音波探知機)システムをはじめ、機雷・魚雷・誘導弾などさまざまな武装も搭載する。

スポンサードリンク
3600トン級潜水艦の部品国産化率は80%に達し、戦力化以降の修理用部品確保や整備技術支援などが一段と容易になり、韓国産の潜水艦の輸出競争力も向上する-と防事庁は明かした。防事庁は、3600トン級潜水艦の戦力化目標時期を2027年と定めている。今回建造契約を結んだ2番艦は26年に建造を終えた後、28年に韓国海軍へ引き渡される予定だ。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/11/2021091180004.html

2021-09-11-k002.jpg

韓国軍が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験に成功し実戦配備することになれば、SLBMを保有するのは、米中ロ英仏印の各国と北朝鮮に続き8番目となる。北朝鮮と韓国のミサイル開発競争は一段と激しくなる。韓国軍は、8月に就役した3000トン級潜水艦「島山安昌浩」を使い、非公開でミサイルの水中発射実験を実施した。高圧ガスでミサイルを海上に打ち出し、空中で固体燃料に点火する「コールドローンチ」という手法を用いている。韓国軍は技術開発が事実上完了したとしている。

韓国が3000トン級潜水艦として初めて開発した「島山安昌浩」には、6本のSLBM発射管が備えられている。同艦の実戦配置は2022年となる。米韓首脳が5月の首脳会談で合意した「米韓ミサイル指針」の撤廃により、ミサイル開発を妨げる規制がなくなり、韓国は平壌だけでなく東京や北京も射程に収める弾道ミサイルを保有できるようになった。探知が困難な海中から発射するSLBMを保有する戦略的な意義は大きい。韓国国防省は26年までの中期計画で、潜水艦による戦略的抑止力を強化すると明記した。

関連記事

[ 2021年09月11日 08:32 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
聞くところでは、今回の試射では潜水艦を使用していないということですが。
極秘に発射実験をしたというところは怪しさ満載です。
[ 2021/09/11 16:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp