韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、歴代最大級のグーグルへの制裁…「独占横暴」正す契機に

韓国、歴代最大級のグーグルへの制裁…「独占横暴」正す契機に

メーカーが生産するデバイスにアンドロイド・オペレーティングシステム(OS)のみを使うよう事実上強制するグーグルに対して、韓国公正取引委員会は14日、是正命令とともに2074億ウォン(約200億円)の課徴金を科した。今回の措置は、OSの搭載に制約を加えることによりスマートデバイス分野での革新的なデバイスとサービスの出現を妨げてきたグーグルの横暴を是正しようとするものであり、グーグルに対する韓国内での制裁のなかでは歴代最高水準だ。

公正取引委員会は、グーグルがデバイスメーカーと結んだ「反フラグメンテーション協定」(AFA)が市場支配的な地位を濫用したものだと見なした。グーグルとこの契約を結ぶと、発売するすべてのデバイスにはアンドロイドOSのみを使わなければならない。アンドロイドのソースコードを変更して作った「フォークOS」や自社開発のOSを搭載することはできない。グーグルは、グーグルプレイストアのライセンス契約の条件として反フラグメンテーション協定を要求するため、メーカーとしては避ける手段はない。これは、グーグルのOS支配につながった。

サムスン電子の場合、スマート時計(ギャラクシーギア)に独自開発のOSを搭載しようとしたが、グーグルの圧力のためあきらめ、フォークOSを使うことさえ放棄した。公正取引員会は「開発段階から競合商品の開発自体を徹底的に統制する、前例を探すことが困難な競争制限行為」だと指摘した。
  スポンサードリンク
公正取引委員会の是正措置により、グーグルは韓国内に本店を置くメーカーとその系列会社、韓国内に供給されるデバイスを製造、流通または販売する事業者や系列会社に「反フラグメンテーション協定を強制してはならない」という公正取引員会の是正命令を伝えなければならない。是正命令の趣旨に合うよう契約を修正しなければならない。今回の措置が十分に機能すれば、製造企業はアンドロイドOSを使わない革新的なデバイスの開発を試みることができるようになる。

グーグルは公正取引委員会の措置について「議決書を受け次第、裁判所に控訴する」と明らかにした。公正取引委員会が3回にわたり深く審議し、証拠資料へのアクセス権と防御権の保障のために多く努めただけに、裁判所でひっくり返りはしないことを期待する。欧州連合(EU)の欧州委員会も2018年7月、グーグルが反フラグメンテーション協定で競合するフォークOSを搭載したスマートフォンとタブレットの製造販売を出来なくしたことに対して、課徴金を科し是正するよう求めたことがある。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/41122.html

2014-03-09-google.jpg

2017年に欧州連合(EU)の欧州委員会(欧州委)は、米グーグルがEUの独占禁止法に違反するとして、過去最高額の制裁金24億2000万ユーロ(約3000億円)の支払いを命じている。欧州委はグーグルがインターネット検索市場の9割を占めているという支配的地位を乱用し、買い物検索で広告主の商品を優先的に表示するなど、公正な競争を阻害したと判定した。7年にも及ぶ調査の結果であり、韓国でもEUが下した「情報独占」に注目が集まったという経緯がある。

また今年6月には、仏規制当局は7日、米グーグルがオンライン広告をめぐり競争を阻害したとして、同社に2億2000万ユーロ(約290億円)の制裁金を科した。 Googleはすでに2020年1月にはサード・パーティー・クッキーを用いた追跡を2年以内に停止することを表明していたが、今回この制裁金を受けてか2021年3月4日付Googleのブログでターゲティング広告の追跡の停止を改めて表明している。

今回は韓国のOSだが、韓国公正取引委員会は14日、米アルファベット傘下グーグルが携帯端末メーカーに、同社の基本ソフト(OS)アンドロイドの修正版の使用を認めなかったのは、支配的地位の乱用にあたるとして、2070億ウォン(1億7664万ドル)の課徴金の支払いを命じた。グーグルは文書で、異議を申し立てる考えを表明。公取委の命令は、アンドロイドの別プログラムとの互換性がもたらす恩恵を無視したもので、利用者が享受しているメリットを損ねると主張している。

韓国ではこの日、グーグルやアップルなどが自社のアプリストアで、アプリ開発業者に自社決済システムを使うことを義務付けて開発業者から手数料を徴収することを事実上禁止する法改正が施行され、グーグルにとっては二重の打撃となった。韓国公取委によると、グーグルは端末メーカーとアプリストアの使用許可に関する主要契約を結ぶ際、アンドロイドの「フォーク(分岐)」と呼ばれる修正版の使用を禁じる「反フラグメンテーション協定(AFA)」の順守を求め、競争を阻害した。この慣行は、グーグルがモバイル携帯向けOS市場で独占的地位を固める一助となった。

関連記事

[ 2021年09月15日 08:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp