韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  収益率17%の中国市場を捨て東南アジアへ、日本企業は何を考えているのか

収益率17%の中国市場を捨て東南アジアへ、日本企業は何を考えているのか

2021年9月16日、観察者網は、日本企業(中国)研究院執行院長の陳言氏による「収益率17%の中国を捨てて東南アジアにシフトする日本企業は何を考えているのか」とする評論記事を掲載した。以下はその概要。

菅義偉首相は今年に入って政治、経済の各分野において中国と全面的に対峙(たいじ)する政策を実行し始めた。「経済安保」の方式により、日米のサプライチェーン再構築を行い、経済分野で中国との関係を切り離そうとしている。 日本では近年、2016年を除いて対アセアン投資が対中投資を上回る状況が続いている。今年3月1日に日本貿易振興機構(ジェトロ)が発表した統計では、昨年の日本の対ASEAN(東南アジア諸国連合)投資は2兆2906億円で、対中投資額1兆2865億円の2倍近い数字であることが明らかになった。

日本企業が持っている技術、経営方針は、中国よりもASEAN諸国にマッチしているようだ。小型の技術、特に中小企業の製造技術は今なお進歩を遂げており、ASEAN諸国との間でなおも大きい差があることから、日本企業はこれらの国に引き続き進出することができる。

スポンサードリンク
また、米国で2017年に発足したトランプ政権が、ハイテク分野において中国との関係を断ち切る動きを起こした。もともと日中関係を対立関係とみなしてきた当時の安倍晋三首相は、非ハイテク産業についても可能な限り中国から東南アジア等への移転を進めてきた。そして昨年からの新型コロナの流行で既存のサプライチェーンが寸断し、コロナを理由として日本は中国以外におけるサプライチェーン構築を加速させた。現状を考えれば、今後日本による対東南アジア投資はさらに増え、対中投資との開きは一層大きくなることは間違いなさそうだ。
https://www.recordchina.co.jp/b882459-s25-c20-d0193.html

2021-09-17-k001.jpg

2021年を迎えた現在、世界中の企業で、いわゆる「中国撤退」「中国離れ」と呼ばれる動きが加速している。米中貿易戦争と新型コロナウイルス感染拡大の影響により、アップルやホンハイ(鴻海)、任天堂といった名だたる企業が中国からインドネシア、ベトナム、タイなどの国へと生産移管を進めつつある。 日本企業の場合、30数年前からフィリピンやベトナム或いは東アジアに製造企業を分散し、中国リスク低減の実施を開始し現在に至っている。

今では中国とのバランスで他国との製造負荷で調整している大手企業が多い。中国依存と言うリスクに対応してきたわけで、実はかなり進んでいる。あとは企業努力と政府外交で、かなり融通される状態にある。一方韓国は貿易そのものの構図が、日本部材を含めた、日韓貿易が土台にあり、そこにはライセンスの問題も含め、日本からの部材輸入で製品化と言う構図があり、今なお中国に依存せざる負えないでいる。

政治的背景が大きく、韓米と韓中と言う間でいつももがいている政治外交しかできない韓国政府の問題は大きい。現状の貿易を考慮すれば中国から脱皮は無理。ベトナムに移行しているサムスンとて、結果的に日本企業を含めた中国或いは他国企業と競争せざる負えないわけで、東アジア地域で先に確立した日本自動車企業を含め、追いつき追い越すのは難しい状態にある。

関連記事

[ 2021年09月18日 08:16 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
流れを見てみると
昨今の中国情勢

収益率17%の中国市場を捨て東南アジアへ、日本企業は何を考えているのか(2021/092/18)
https://www.recordchina.co.jp/b882459-s25-c20-d0193.html

中国 TPPへの加入 正式申請と発表(2021/09/17)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210916/k10013263621000.html

「台湾情勢の安定重要」 防衛白書に初明記(2021.07.13)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA093K00Z00C21A7000000/

台湾のTPP参加「最も有利なタイミングで正式に申請へ」=外交部(2021/02/02)
https://japan.cna.com.tw/news/apol/202102020006.aspx

こう並べてみると、分かりやすい。
中国は硬軟両面作戦で東アジアに対応してくる。基本政策は一帯一路だろうが、
GDPが貧弱なシルクロードには限界がある。台湾がTPPに加盟するのは困るから、
先に入ろうと頑張るが、その前段では過激なことはできないだろう。
[ 2021/09/18 19:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp