韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ロボットが組み立て作業、さらに賢くなったLG家電工場

ロボットが組み立て作業、さらに賢くなったLG家電工場

LG電子が生活家電製品を生産する慶尚南道(キョンサンナムド)昌原(チャンウォン)事業所の一部ラインが、「知能型自律工場」に生まれ変わった。ロボットが冷蔵庫などの部品を運んで組み立てる。

LG電子は16日、昌原のLGスマートパークで再建築した統合生産棟の第1次完成式を行った。個別の建物に分散していた製品の生産ラインを、一つの空間に集めた。統合生産棟では、冷蔵庫と浄水器を生産する。最上位プレミアム製品であるLGシグネチャー冷蔵庫もここで作る。 LG電子は、キッチン家電を生産する昌原第1事業所に8000億ウォンを投資し、スマート工場に転換している。第1段階事業として4年間4800億ウォンを投資した統合生産棟が、第1段階の稼動に入った。

スマート工場では、製品の組み立てや包装、不良品検査などをロボットが行い、従来の人材は設備点検や管理などの業務を行う。ビッグデータを活用した統合モニタリングシステムを導入し、生産効率性を高めた。

スポンサードリンク
LG電子は、2024年までに統合生産棟、倉庫棟など延べ面積33万6000平方メートル規模の2棟、6ラインを備えた自律型スマート工場を完成する計画だ。最終的に完成すれば、従来の200万台水準の昌原第1事業所の年間生活家電製品の生産能力は、300万台以上へと増える。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20210917/2928097/1

2021-09-17-k002.jpg

現在、国内外で注目を浴びている産業用ロボット。産業用ロボットによる作業自動化の波は、日本だけでなく世界でも広がっています。ドイツに拠点を置く国際ロボット連盟(IFR)が発表した「World Robotics: Industrial Robots 2017」というレポートによると、産業用ロボットの世界販売台数は、2011年から2016年にかけて毎年平均14%ずつ増加していると記されている。

産業用ロボットの年間販売台数は、日本だけでなく世界的に増加傾向です。アジアやヨーロッパでは、高騰する人件費に代わる生産力として、ロボットに期待が寄せられている。19年の導入台数のトップは中国で、前年比9%減の14万500台。次いで日本が同10%減の4万4900台となった。4位に韓国も名を連ねるなど、アジアでの新規導入は21万台で世界全体の約6割を占める。

産業用ロボット市場では、「4強」と呼ばれる有力メーカーが世界シェアの大部分を占有している。産業用ロボット4強メーカーと言われる、ABB、ファナック、安川電機、KUKAで、「ファナック」「安川電機」の2社が名を連ねている通り、日本メーカーは産業用ロボット市場において大きな存在感を発揮している。

関連記事

[ 2021年09月18日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
世界最悪の労働者たる韓国人の出る幕がさらに減ることを恐れる労組が、さらなるロボットの導入に反対することに1ウォン。
[ 2021/09/18 19:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp