韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米ホワイトハウスがまた半導体会議、サムスン電子に内部情報提出を要求

米ホワイトハウスがまた半導体会議、サムスン電子に内部情報提出を要求

米ホワイトハウスがグローバル半導体・自動車企業をまた招集した。今年に入ってすでに3回目だ。米ホワイトハウスは23日(現地時間)のブリーフィングで「世界的な半導体不足など生産支障問題を議論するためにホワイトハウスでオンライン会議を開いた」と明らかにした。この日の会議はレモンド商務長官とブライアン・ディーズ米国家経済会議(NEC)委員長が開いた。バイデン米大統領は出席しなかった。

バイデン政権が「半導体サミット」を招集したのは今年3回目。この日の会議には韓国サムスン電子をはじめ、台湾TSMC、インテル、マイクロソフト(MS)、アップル、ゼネラルモーターズ(GM)、BMW、ステランティスなどグローバル半導体・自動車企業が参加した。この日の半導体サミットでは解消の兆候が見えない世界半導体不足・ボトルネック現象、これによる需給見通しを集中的に議論したという。ホワイトハウスのサキ報道官は「半導体不足問題はバイデン大統領が関心を持つ最優先順位の一つ」とし「この日の会議では半導体市場の透明性と信頼増進について議論した」と明らかにした。

これに関連し米国政府の過度な市場介入が俎上に載せられた。ブルームバーグによると、米商務省は「半導体市場の透明性」を名分に、関連企業に対し45日以内に半導体の在庫・注文・販売などに関する帳簿を提出するよう要求したという。レモンド長官は会議後、ロイターのインタビューで「情報提供要請は透明性を目標にしている」とし「(半導体需給)ボトルネック現象がどこで発生しているかを知るためのこと」と明らかにした。

スポンサードリンク
最近の半導体市場の不確実性は「供給側と顧客会社の在庫ミスマッチ」から生じた。しかしこれを理由に米国政府がグローバル企業に内部情報の提出を要求するのは過度な干渉として映る。ブルームバーグは「米商務省の企業情報提出要求に会議に参加した多くの企業が困惑している」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/283258?servcode=300§code=320

2014-01-08-sam.jpg

ホワイトハウスは4月9日、招待企業19社のリストを公開した。このうち11社が半導体不足と製品生産に欠かせない米国企業だ。グーグル親会社アルファベット、通信会社AT&T、車両用エンジン会社カミンズと車両部品専門ピストングループ、パソコン専門デルとHP、自動車会社フォードとGM、PACCAR医療機器専門メドトロニック、防衛産業メーカーノースロップ·グラマンなどだ。半導体需要メーカーの中で唯一の外国企業は、オランダに本社を置く自動車会社ステランティス(フィアット·クライスラーとプジョー·シトロエンの合弁会社)だ。

残りは、半導体メーカーで占める。韓国のサムスン電子、台湾のファウンドリー会社TSMC、オランダの自動車半導体専門会社NXP、米国のファウンドリー会社グローバルファウンドリーとスカイウォーターテクノロジー、総合半導体会社インテルとメモリー半導体専門マイクロンだ。半導体供給不足が深刻になると、米政府がサムスン電子を含む世界的な半導体企業を対象に「米国企業への半導体供給を円滑にしてほしい」と要求する場となっただ。バイデン大統領の「メード・イン・アメリカ」公約に合わせて、米国に半導体工場を多く建設しなければならないという圧力も受けた。

今回も半導体サミットでは解消の兆候が見えない世界半導体不足・ボトルネック現象、これによる需給見通しを集中的に議論したという。ブルームバーグは、米商務省は「半導体市場の透明性」を名分に、関連企業に対し45日以内に半導体の在庫・注文・販売などに関する帳簿を提出するよう要求したと報じている。

関連記事

[ 2021年09月25日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp