韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  セルトリオンが米国防総省にコロナ診断キットを供給

セルトリオンが米国防総省にコロナ診断キットを供給

韓国バイオ企業のセルトリオンが、米国防総省に最大で7382億ウォン規模の「新型コロナの抗原迅速診断キット」を供給する。

セルトリオンは23日、体外診断専門企業ヒューマシスと共同開発した新型コロナの抗原迅速診断キット「ディアトラスト」を米子会社のセルトリオンUSAを通じて米国内に供給すると明らかにした。早ければ来月1日から軍施設や療養所、地域検査所、主要施設など、米国内の2万5000カ所の指定調達先に抗原迅速診断キットを渡す。契約期間は来年9月16日までで、契約金額は最大7382億ウォンまで増えることもありうる。

今回の供給は、セルトリオンUSAが米国防部総省傘下の調達庁が進める購買事業に入札して行われた。セルトリオンは、「米国産優先購買法」(Buy American Act)が適用された状況で契約を獲得したという点に大きな意味合いを持っている。会社側は、「米国企業の製品、または米国内の生産製品に加点を与え、不利な状況で契約を成立させたという意味だ」と説明した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20210924/2940487/1

スポンサードリンク
米国の軍事施設などで新型コロナ感染を確認する際、韓国産の診断キットが使用される。韓国のセルトリオンは23日、「米国防総省に最大7382億ウォン(約690億円)規模の新型コロナ抗原迅速診断キット(ディアトラスト)を供給する」と明らかにしている。ディアトラストはセルトリオンがヒューマシスと共同開発した新型コロナ診断キットとなる。

2021-09-26-k002.jpg

セルトリオンの米国子会社セルトリオンUSAは早ければ来月1日から米国内の2万5000カ所にディアトラスト抗原迅速診断キットを供給する。主に軍事施設、療養院、地域検査所などだ。契約期間は来年9月16日までとなる。セルトリオンの関係者は「状況によって契約金額は最大7382億ウォンまで増える可能性があるという内容が契約に含まれている」とし「多数のグローバル企業が参加した米国防総省の大規模な調達事業で韓国企業が最大規模の契約をしたのは極めて珍しいケース」と説明している。

米国防総省は今回の入札に「米国産優先購買法」を適用した。米国企業の製品または米国内の生産製品に加算点を付与する条項が含まれている。米国連邦政府の調達市場に入札する企業の落札に相当な影響を与える内容だ。実際、この法を適用した従来の新型コロナ迅速診断キット供給契約は米国の一部の多国籍製薬会社が先に獲得した。セルトリオンは韓国が世界貿易機関(WTO)政府調達協定と自由貿易協定(FTA)加盟国という点で最低限の入札要件を満たして入札に参加した。

ディアトラストは他社の迅速診断キットとは違い、新型コロナウイルスのNタンパク質とSタンパク質にそれぞれ結合する2種類の抗体を適用し、性能(敏感度・特異度)を改善した製品。追加装備なく検査後すぐに感染しているかどうかを確認できる。正確性は敏感度93.3%、特異度99%水準。感染確認は15分以内に可能としている。

関連記事

[ 2021年09月26日 08:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp