韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「SLBM搭載」3000トン級の韓国産潜水艦「申采浩艦」進水

「SLBM搭載」3000トン級の韓国産潜水艦「申采浩艦」進水

海軍と防衛事業庁は28日午後、蔚山(ウルサン)にある現代重工業で、韓国の技術で製造した3000トン級の潜水艦「申采浩(シン・チェホ)艦」の進水式を行った。

申采浩艦は、1番艦の「島山安昌浩艦(トサン・アン・チャンホ)」と2番艦の「安武(アンム)艦」に続く、張保皐(チャン・ボゴ)(KSS)-3(島山安昌浩級)Batch-1の3番艦だ。Batchは、同じ種類として造られた艦艇のまとまりを意味する。申采浩艦は、15日に潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射に成功した島山安昌浩艦と同様に、SLBM発射管6基を搭載している。

プ・ソクチョン海軍参謀総長はこの日の祝辞で「『海洋強国大韓民国』の国家ビジョンには海上交通路の重要性が刻み込まれており、円滑な海洋活動の保障のための海洋力の構築は国家の死活がかかった問題」だと強調し、「今日進水した申采浩艦は『必勝海軍・先進海軍』の主役であり。国家の海洋力の要として堂々とその役目を果たしてくれることを強く望んでいる」と述べた。申采浩艦は、試運転評価期間を経て、2024年に海軍に引き渡され、その後は戦力化の過程を経て実戦配備される予定だ。

スポンサードリンク
海軍は、張保皐-3級の潜水艦の艦名には、独立運動に貢献したり光復(日本の植民地からの解放)後に国家の発展に寄与した人物を選定している。「申采浩」は韓国の独立運動家の名前だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41225.html

2021-09-29-k001.jpg

北朝鮮が弾道ミサイル発射を再び行った日に対北朝鮮抑止力の象徴ともいえる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)6発を搭載する最新鋭潜水艦「申采浩」を公開された格好だ。申采浩は1番艦の「島山安昌浩(トサン・アンチャンホ)」、2番艦の「安武(アンム)」に続き韓国で独自に設計・建造し3隻目の3000トン級潜水艦(張保皐-IIIバッチ-I)だ。最近試験発射に成功したSLBMを発射できる6個の垂直発射管を備えている。

「申采浩」などは非大気依存推進(AIP)システムと高性能燃料電池を備え、既存の張保皐-II級(1800トン級)潜水艦より潜航期間が大幅に延びた。また、音響無反響コーティング剤、弾性マウントなど最新の騒音低減技術を採用し、敵の音探を回避するステルス性能を備えている。 また日本は昨年、海上自衛隊の最新鋭潜水艦の命名・進水式が10月14日、三菱重工業神戸造船所で行われている。同造船所での潜水艦の進水式は2018年10月の「おうりゅう」以来で戦後29隻目となる。

日本の主力潜水艦は、「そうりゅう型」の後継艦となる最新鋭の3000トン型潜水艦1番艦となる。全長84メートルと全幅9.1メートルは、そうりゅう型と同じだが、深さは10.4メートルとなり、そうりゅう型より0.1メートル大きい。基準排水量も3000トンとなり、そうりゅう型より50トン多い。軸出力は6000馬力。建造費は約800億円。乗員は約70人。

関連記事

[ 2021年09月29日 08:12 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp