韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、岸田首相に「韓日関係の未来志向的発展に向けた努力」呼び掛ける

文大統領、岸田首相に「韓日関係の未来志向的発展に向けた努力」呼び掛ける

文在寅大統領は4日、日本の岸田文雄首相宛てに祝賀書簡を送り、「韓日関係を未来志向的に発展させるため、共に努力していこう」と呼び掛けた。

パク・キョンミ大統領府報道官は同日、書面ブリーフィングで、「文大統領は両国が民主主義と市場経済という基本価値を共有し、地理的かつ文化的に最も近い国家として、隣国らしい協力のお手本になれるよう、意思疎通を図り、協力していくことを期待している」とし、このように明らかにした。パク報道官は「韓国政府は岸田新首相及び新内閣とも協力し、両国間の懸案はもちろん、新型コロナや気候危機などグローバルな問題についても互いに知恵を集めて解決していくことを期待している」と述べた。 パク報道官は「韓国政府は日本の新内閣とも向かい合って対話し、意見を交換する準備ができており、両国の共同繁栄のため経済や文化、人的交流など様々な分野において発展的方向へ協力を強化していきたいと思っている」と付け加えた。

文大統領の就任祝賀メッセージは安倍晋三元首相の就任以来、冷え込んだ韓日関係を「未来志向的に」改善しようという意味を込めたものだ。韓日関係はこれまで、強制労働被害の賠償などの歴史問題に加え、日本が2019年に輸出規制の措置を取ったことで、過去最悪の状態にある。しかし、安倍元首相の後を継いだ菅義偉前首相も、文大統領の対話要請に応じず、解決の糸口を見いだせなかった。菅首相は1年余りの在任期間中、文大統領と一度も首脳会談を行っていない。

スポンサードリンク
しかし岸田首相は安倍元首相時代に外相を務めた茂木敏充外相を留任させるなど、当分の間、「安倍路線」を維持するものとみられ、対話を再開することも容易ではない見込みだ。文大統領は同日、菅前首相にも離任書簡を送り、在任中の苦労を労い、退任後も両国間の友好協力関係の増進のため尽力してくれるよう要請したと、大統領府は明らかにした。菅前首相も文大統領に離任の挨拶を書いた書簡を送った。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41285.html

2021-10-05-k003.jpg

文在寅大統領は国交正常化以来最悪といわれる日韓関係の改善に向けて菅前首相との対話を模索しながら、いわゆる徴用工訴訟問題などで折り合えず、一度も直接会談できなかった。文氏の任期が残り約7カ月となる中、最悪の日韓関係を放置したとの〝汚名〟を避けたい思惑もある。聯合ニュースは4日、韓国で〝極右〟のレッテルが貼られてきた安倍晋三元首相らに近い人物が複数入閣した点を挙げ、「極右政治家を内閣の要職に起用したことは、韓日関係に負担として作用する可能性がある」と報じている。

自国都合で始まった韓国政治は、反日政策の加速で暴走した。それを日本にまた振ろうとしている。自国内の問題を日本とともに解決するという我儘は通じない。また文氏が大統領の任期を過ぎれば、条約破りの犯罪者として、最悪の余生を送ることになるだろう。過去の大統領の末路を考慮すれば、文氏も次第に必至な状態になりつつある。

関連記事

[ 2021年10月05日 08:40 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp