韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  サムスン電子、半導体で高実績…DRAM価格下落でも非メモリーで「自信」

サムスン電子、半導体で高実績…DRAM価格下落でも非メモリーで「自信」

サムスン電子が半導体の好況に支えられ、四半期売上70兆ウォン時代を切り開いた。しかし、DRAM価格が第4四半期から下落する見通しの中、当面は「9万電子(一株当たり9万ウォン)」の回復は難しいものとみられている。

サムスン電子は8日、第3四半期の経営実績(連結基準、暫定)を集計した結果、売上高が73兆ウォン(約6兆8千億円)、営業利益が15兆8千億ウォン(約1兆4800億円)を記録したものと推定されたと発表した。昨年の第3四半期より売上は9.02%、営業利益は27.94%増えた水準だ。今年の第2四半期に比べて、売上は14.65%、営業利益は25.70%増加した。四半期売上が70兆ウォンを突破したのは今回が初めてで、営業利益も半導体の超好況期だった2018年第3四半期(17兆5700億ウォン)に続き歴代2番目に大きかった。

この日、部門別の業績は公開されなかったが、半導体部門でメモリー・非メモリー製品ともに第3四半期の好調に加え、価格が上昇し、供給量が増えた点が第2四半期に比べて業績改善が行われた要因とみられる。NH投資証券のト・ヒョヌ研究員は同日発表した報告書で、急激に進んだウォン高・ドル安やメモリー半導体価格の上昇、ファウンドリーの正常化により、半導体部門が業績改善を主導したと指摘した。

スポンサードリンク
スマートフォンの場合、今年8月に発売された第3世代フォルダブルフォン(ギャラクシーZフォールド3、フリップ3)が好調を示しているが、第3四半期の業績に対する新製品の寄与度は低いという分析もある。KTB投資証券のキム・ヤンジェ研究員は「フォルダブル市場の需要は期待以上だが、出荷の割合は(全体の)5%未満で、スマートフォン事業実績の寄与は微々たる水準」だと分析した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/41335.html

2016-03-07-sa.jpg

サムスンのスマホ利益については、誤解が多く、現実galaxyシリーズの初期しか儲かっていない。あまりに大きな販管費が底上げにならなかったことが背景にある。と同時に低価格スマホの失敗で、シェアを気にするあまりに、利益無視での配布に近い戦略がマイナスとなった。もっとも東アジア地域で、中国スマホに奪われる時間稼ぎにはなったが…。

一方、外資系企業として巨大化したサムスンは、株主の目も厳しい。スマホ利益の計上方法問題や、現実と違う部分が多々あるだけでなく、日本のメガバンクからの融資で食いつないだこともあり、今後も株主の目は厳しくなるだろう。開発においては、すでに米国化しつつあるが、製造においては、まだまだ日本依存である。

半導体で高実績と言うがその裏には、日本企業からの部材・設備。検査装置が含まれる。今後もこの状態は継続する。

関連記事

[ 2021年10月09日 08:18 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp