韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  半導体「供給難」と言いながら価格下落とは?

半導体「供給難」と言いながら価格下落とは?

一時「10万電子」が見込まれたサムスン電子の株価が、12日に6万ウォン台(終値基準)に下落した。ちょうど今年第3四半期(7~9月)に史上最高の四半期基準売上記録を出したところだ。市場は、サムスン電子の売上の相当部分を占めるメモリー半導体DRAMの価格が、今後下がるとの見通しが株価に反映されたものと解釈した。半導体の供給不足で自動車・スマートフォンの生産が支障をきたしている状況であり、半導体の価格下落の展望にとまどう人々も少なくない。

こうした疑問は、半導体に対する誤解から始まった側面がある。半導体は大きく2種類に分かれる。今年、全世界的に供給難が続いているのは非メモリー(システム)半導体だ。一方、価格の下落が予想される半導体はメモリー半導体だ。二つとも半導体だが性格が違う。DRAMは、NANDフラッシュとともに代表的なメモリー半導体だ。サムスン電子、SKハイニックスなどの韓国企業が主導する市場もこの分野だ。価格下落の展望は、メモリー半導体の供給過剰を憂慮するために起きている。

もちろん異なる2種類の半導体が別に動くわけではない。むしろ、現在の状況を念頭に置けば、きわめて緊密な相互関係を持つとみることができる。具体的に言えば、DRAMはパソコン、スマートフォン、サーバーなど多様な製品に使われ、これらの製品を生産するには非メモリー半導体も必要だ。言い換えれば、非メモリー半導体の不足により完成品をタイムリーに作れなければ、自然にメモリー半導体に対する需要は減ることになる。需要が減るので価格が下がる余地も大きくなるという話だ。

スポンサードリンク
最近のブルームバーグの報道によれば、アップルは半導体チップの不足で今年9千万台の生産を目標にしていたアイフォン13の生産量を最大1千万台減らす可能性が提起された。サムスン電子も8月発売が予想された「ギャラクシーS21ファンエディション(FE)」を現在まで公開していない。このようなことから、DRAM半導体は使われないまま倉庫に積まれていることになる。

KB証券のキム・ドンウォン研究員は、最近の報告書で「メモリー半導体のダウンサイクル進入は、最終需要の減少よりはIT部品の供給不足にともなうセット業者の生産支障の要因の方が大きいと思われる」として「適正水準以上のメモリー在庫を保有したセット業者は、保守的なメモリー在庫政策と価格の引き下げを要求していると判断される」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/41412.html

2021-10-18-k002.jpg

半導体市場動向調査会社であるTrendForceによると、DRAMの生産は2021年第3四半期(7~9月期)にピークを迎えたことから、DRAMの供給量は今後、需要を上回る見込みだという。また、DRAMサプライヤ各社ともに健全なレベルの在庫を保有しているが、最終製品市場のクライアントのほとんどが、健全レベルよりも高いレベルの在庫を保有していることから、今後の調達についての意欲は低下していくこととなる。

2021年第4四半期(10~12月期)の平均販売価格はDRAM全体で前四半期比で約3~8%ほど下落する可能性があるとしている。最近のDRAMメーカーのDRAM供給ビット数量に占めるPC DRAMの割合はサーバDRAMが高まっている反動で低下しており、第4四半期に深刻なレベルの余剰が発生する可能性は低いと見られているほか、PC DRAMモジュールの現在のスポット価格の平均値も、同第3四半期の契約価格よりもはるかに低くなっているとしている。

関連記事

[ 2021年10月18日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
秋葉原でも
市中にDRAM在庫がたまっていても、サムスン、Hynix、マイクロンの
大手3社は押し込んでくると観測されるようだ。
先行指標となる、秋葉原でもメモリは値下がり開始。
[ 2021/10/19 15:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp