韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府 今月末にもTPP加盟可否決定へ

韓国政府 今月末にもTPP加盟可否決定へ

韓国政府が早ければ今月末にも環太平洋経済連携協定(TPP)に加盟するか否かを決定する。洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官が主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議出席のため訪れていた米ワシントンで14日(現地時間)に行った記者会見で明らかにした。

洪氏は「TPP加盟時に国内の制度改善が避けられない部分があるが、過去2年間、官庁間で検討し、可能な限り改善を行ってきた」とし、「企画財政部長官としては加盟申請をすべきとの立場だが、産業通商資源部、農林畜産食品部、外交部、国家安全保障会議(NSC)との調整が必要だ」と説明した。

また、「(加盟に関連し)代案がいくつかあるが10月25日に開かれる対外経済長官会議で決定するしかない」との見方を示した上で、「加盟するか否か、加盟するならいつ申請するのかまでを含めた決定は10月末または11月初めには下さなければならない」と述べた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/18/2021101880026.html

スポンサードリンク
産業通商資源部によると、同部の田允鍾通商交渉室長は冒頭、「中国と台湾の加盟申請によりTPPへの戦略的関心がこれまで以上に高まっている」としながら、「製造業の供給網(サプライチェーン)高度化、アジア・太平洋地域の通商秩序におけるリーダーシップ確保の観点から、韓国もTPP加盟をより積極的に検討する必要がある」と述べている。

2021-09-18-k001.jpg

談会に参加した製造業関係者らは、TPPへの加盟はメキシコとの自由貿易協定(FTA)締結に匹敵する効果が見込める上、ベトナムやマレーシアといった「新南方市場」の拡大により製造業界の輸出にも役立つと評価した。TPPは2018年12月に発効し、現在は日本やオーストラリア、メキシコなど11カ国が加盟している。中国と台湾が先月に相次いで加盟を申請したことで、アジア・太平洋地域の通商環境が急変しようとしている。

TPPは、アジア太平洋地域においてモノの関税だけでなく、サービス、投資の自由化を進め、さらには知的財産、金融サービス、電子商取引、国有企業の規律など、幅広い分野で21世紀型のルールを構築する経済連携協定となる。交渉分野は以下の21分野にわたります。これまでEPAで議論されてきた関税やサービス、投資などに関するルール以外にも、環境や労働者保護に関する項目など、自由貿易に必要なあらゆる項目が幅広くカバーされている。

TPPへの交渉参加表明に合わせて、日本政府がTPPの経済効果について試算を公表している。その試算によると、現在TPP交渉に参加している11カ国との間で全ての分野の関税が撤廃されたと仮定すると、外国品の輸入が増える一方、それを上回る日本からの輸出と投資、国内消費が増えて、日本の実質GDPを年間で3.2兆円増やす効果があるとしている。

関連記事

[ 2021年10月19日 09:11 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の危機感
韓国はあせっていると見えます。
現状、TPPより前にRCEPがあって、韓国国会でまだ審議中。
RCEPは加盟各国の審議が長く、決着しないが、そもそも
協議の場が外交の場として活用価値が高いからでしょう。

昨今、中国、台湾がTPP加盟申請したのを見て、韓国は
これでは置いて行かれると危機感を感じたようだ。

TPPに注目度が高いのは、トランプ時代に米国が離脱して
日本が押し出された先頭になったが、米中緊張のなかで、
米中を含まないアジア圏の連合体という束ねは存在感が
強いこと。なので中国は孤立感を強めている。
中国は対米対立、TPPとも対立というダブル対立の
構図を避けたい。
[ 2021/10/19 14:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp