韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国初の国産ロケット打ち上げ 衛星軌道投入は失敗

韓国初の国産ロケット打ち上げ 衛星軌道投入は失敗

韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ」が21日午後5時に打ち上げられ、目標高度の700キロに到達したものの、同ロケットに搭載されていたダミー衛星を軌道に投入することには失敗した。林惠淑(イム・ヘスク)科学技術情報通信部長官が打ち上げ後の会見で明らかにした。

ヌリの飛行は全過程が正常に行われたが、ダミー衛星が目標の速度に至らず、地球低軌道に乗ることができなかったという。 ヌリは南部の全羅南道・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられた。1段目の分離やダミー衛星を保護するフェアリングの分離、2段目の分離、第3段エンジンの点火と停止を経て、高度700キロでダミー衛星を分離した。

ダミー衛星が目標の速度に達しなかったのは、第3段のエンジンが予定より早く停止したためという。 ヌリは1.5トン級の実用衛星を地球低軌道に乗せることができる3段式ロケット。この日の打ち上げでは1.5トンのダミー衛星が搭載された。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/21/2021102180208.html

スポンサードリンク
文在寅大統領は21日、韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ号」の打ち上げ直後「残念ながら目標を完全に達成することはできなかったが、初の打ち上げで非常に素晴らしい成果を手にした」と述べている。 文大統領が同日、全羅南道高興の羅老宇宙センターで行われたヌリ号の打ち上げ式に出席した後「ヌリ号の飛行試験が完了した。誇らしい」とした上で述べたものだ。 とはいえ目標達成ならずのレベルだ。

2021-10-21-k003.jpg

長い間、不屈のチャレンジ精神と忍耐で研究開発にまい進してきた航空宇宙研究院と学界、300社を超える韓国企業の研究者、労働者、企業人の皆さんに心から尊敬と激励の言葉を送る」と述べた。さらに「きょう足りなかった部分を点検し、補完すれば、来年5月に行われる2度目の打ち上げでは必ず完璧な成功を収めるだろう」と述べているが、単に税金のムダ使いに過ぎない気もするが…。

文大統領は「1トン以上の衛星を自力で打ち上げられる国はまだ6か国しかない。先に開発した国々が堅固に守っている技術であるため、後発の国々がこの技術を確保するのは非常に難しい」とも述べているが、韓国の独自技術で開発したロケット「ヌリ号」の問題は解決にはまだまだ時間がかかる。 一方で予算不足ですでに限界ともいえる。韓国の宇宙へはばたく夢は、夢物語で終わりそうだ。

関連記事

[ 2021年10月22日 08:31 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp