韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子のブランド価値、20%上昇して88兆ウォン

三星電子のブランド価値、20%上昇して88兆ウォン

三星(サムスン)電子のブランド価値は88兆ウォンに達し、世界5位についたという評価が出た。フォルダブルスマートフォンなど革新製品を作る先端技術企業として、グローバル市場に印象付けられたという評価が出ている。

グローバルブランドコンサルティング専門会社のインターブランドが20日(現地時間)発表した「グローバル上位100位ブランド」の順位で、三星電子のブランド価値は前年比20%成長した746億ドル(約87兆9000億ウォン)と分析した。三星電子のブランド価値の成長率は、今年、グローバル上位100位ブランド価値の平均成長率(10%)の2倍となる。 インターブランドの調査で、三星電子のブランド価値は2012年に初めて10位圏(9位)入りし、2017年の6位を経て昨年初めて5位につけた。インターブランドは、世界最大手のブランドコンサルティング企業で、世界的な公信力を持つグローバル上位100位ブランドに順位をつけることで有名だ。

今年のブランド価値のトップはアップル(4082億ドル)だった。続いてアマゾン(2492億ドル)、マイクロソフト(2102億ドル)、グーグル(1968億ドル)の順だった。ブランド価値上位5社のうち、米国以外の国の企業ブランドは三星電子が唯一だ。上位100位ブランドの順位調査で、韓国企業は三星電子のほか、35位の現代(ヒョンデ)自動車(61億ドル)、86位の起亜(キア、61億ドル)が名を連ねた。

スポンサードリンク
インターブランド側は、「三星電子のフォルダブルスマートフォンと、パート別カラーを消費者が選択できるビスポクデザイン家電などの革新製品、メモリー半導体トップ企業としての革新戦略、未来技術への先制的な技術投資などを総合的に評価して、ブランド価値を算定した」と説明した。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20211022/2999524/1

2014-01-08-sam.jpg

サムスン電子は21日、ブランドコンサルティング大手の米インターブランドが20日(現地時間)に発表したブランド価値ランキング「ベストグローバルブランド2021」でブランド価値が746億ドル(約8兆5310億円)と集計され、昨年に続いて世界5位を達成した。同社の今年のブランド価値は昨年の623億ドルから20%成長し、2013年以来最高の成長率を記録した。今年のベストグローバルブランドの平均成長率(10%)の2倍に上り、6位との差も昨年の54億ドルから171億ドルに開いた。

サムスン電子は12年に9位と初めて10位以内にランクインし、17年に6位、20年に5位を記録している。インターブランドは、サムスン電子のブランド価値上昇の主な理由として消費者中心の経営体制への改編、持続可能な経営活動、折り畳み式スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーZフリップ3」など革新的な製品の発売、人工知能(AI)や5G、電装、ロボットなど未来技術をリードするための持続的な投資などを挙げている。

一方、サムスン電子は米経済誌フォーブスが選んだ「世界最高の雇用主」でも1位を獲得している。58カ国・地域の15万人の従業員を対象に行われた今回の調査で、同社は2年連続で1位に選ばれた。

関連記事

[ 2021年10月23日 08:13 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp