韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本の主要自動車メーカー8社、130万台減産確定

日本の主要自動車メーカー8社、130万台減産確定

新型コロナウイルスの感染拡大と世界的な半導体不足で日本の自動車メーカーの減産が相次いでいる。「日本経済の柱」と呼ばれる自動車産業界の減産によって、今年の日本の国内総生産(GDP)が5兆円以上減少するとの警告まで示されている。

読売新聞の集計によると、日本の自動車メーカー8社が今年確定した減産規模が合計130万台に達することが分かった。昨年の8社による生産台数(合計2335万台)の約5%に相当する数字だ。 トヨタは当初今年の生産目標を930万台としていたが、900万台に削減。7月末までに25万台の減産を発表した日産は新たな減産計画で10-11月の世界生産台数を計画から約3割減らす。スズキは35万台の減産を見込む。コロナ拡大で東南アジア地域で生産される部品の供給に支障が生じたことと世界的な半導体不足の影響だ。

減産の影響でトヨタのスポーツタイプ多目的車(SUV)「ランドクルーザー」などは注文から納車まで2年待ちとなっている。小型SUVで人気のホンダ「ヴェゼル」は一部モデルの販売を中断した。読売新聞は「客がいても売る車がない状況」と話した。

スポンサードリンク
日本の自動車産業は世界的に高い競争力を備えた日本の中核産業だ。自動車生産関連の企業による雇用規模は130万人に達する。そのため、第一生命経済研究所は、日本の自動車業界による減産が続けば、雇用が4万4000人減少し、2021年のGDPは5兆3000円減少しかねないと予想した。読売新聞は「コロナの状況が安定しても、半導体供給の正常化は不透明な状況」だとし、「中国国内の電力不足に伴うアルミニウム生産不足などの新たなリスク要素も登場しており、業界の緊張が高まっている」と報じた。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/25/2021102580001.html

2021-10-25-k005.jpg

読売新聞は、世界的な半導体不足や東南アジアでの新型コロナウイルス感染拡大に伴う自動車減産の影響が、国内大手8社で少なくとも計130万台に達することが各社への取材でわかった。8社の昨年度の世界生産は2335万台で、5%強が失われた計算となる。22日には日産自動車の新たな減産が明らかになっており、今後も規模が広がる可能性があると報じている。

日産の新たな減産計画では、10~11月の世界生産台数を計画から約3割減らす。具体的な台数は示さなかった。半導体不足や東南アジアで自動車部品の生産が滞ったことで、完成車の組み立てに必要な部品を確保できない事が理由としている。東南アジアでの感染状況から「さらに下振れする可能性が高い」(日産幹部)としていた。減産がさらに続くことになる。

ホンダは8月、今年度の世界販売台数の見通しを15万台引き下げ、485万台に下方修正した。国内生産については、8月以降の減産を相次いで発表しており、販売台数の見通しはさらに引き下げられる可能性がある。ホンダは「影響を最小限に抑えているものの、今後も引き続き不透明な状況は続く」としている。

トヨタは8月24日~9月の間、国内で14工場・27ラインの生産を最大で22日間止める。8月単月では3万7千台の減産となった。さらに9月に大規模な生産調整を実施している。減産規模はグローバルで約36万台、4割減となる。国内の減産は約14万台と、およそ5割減となるという。

関連記事

[ 2021年10月25日 08:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
減産増益モード
各社減産するが、4輪7社は明暗が分かれる。
トヨタ、ホンダ、スバル、スズキは減産して増益、
日産、三菱、マツダは減産して減益。

販売戦略を変えたのでしょう。増産して押し込むのを
やめて、値引きを抑えたのでは。
[ 2021/10/25 11:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp