韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  LGエネルギーソリューション、「リン酸鉄バッテリー生産」宣言…中国企業に挑戦状

LGエネルギーソリューション、「リン酸鉄バッテリー生産」宣言…中国企業に挑戦状

LGエネルギーソリューションが、中国のバッテリーメーカーが先取りしているリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリー市場に参入する。これに先立ちSKオンもLFPバッテリー開発計画に言及しており、韓国バッテリーメーカーの中低価格バッテリー市場攻略が本格化する見通しだ。

LGエネルギーソリューションは25日、親会社であるLG化学の7-9月期業績説明会でこうした事実を公式に明らかにした。同社のチャン・スンセ経営戦略総括専務は「LGエネルギーソリューションはすでにLFP正極材を電気自動車用に開発、量産している。素材の長所を考慮して、空間と重さの制約がなくコスト競争力が重要なエネルギー貯蔵装置(ESS)市場に優先的に適用するため開発している」と話した。

SKオンに続きLGエネルギーソリューションがLFPバッテリー開発を検討するのは世界の自動車メーカーが低価格モデルに価格の安いLFPバッテリーを導入しているからだ。LFP電池はNCM(リチウム・コバルト・マンガン)など韓国企業が注力する三元系バッテリーに比べ価格が20~30%ほど安い。高価格なコバルトの代わりに安い鉄を使うためだ。最近起きている原材料需給問題を克服するためにもLFPバッテリーが事業多角化で有利だとの評価も出ている。これに対しLFPバッテリーはエネルギー密度が低く長距離走行には適していないという短所もある。現在LFPバッテリーはCATLとBYDなど中国企業が主に生産している。

スポンサードリンク
世界のLFPバッテリー市場は最近急速に成長中だ。市場調査会社のウッド・マッケンジーは世界のバッテリー市場でLFPが占める割合が2015年の10%から2030年には30%に大きくなると予想した。チャン専務は「LFPバッテリーはNCMバッテリーと比べ原価競争力があり、低価格電気自動車(EV)分野に採用が拡大している。ただLFPバッテリーはエネルギー密度が低い短所があり、これを克服することが課題。短所を克服するまた別のコバルトフリー基盤の低コスト正極材を開発中」と明らかにした。
https://japanese.joins.com/JArticle/284191?servcode=300§code=320

2021-10-26-k005.jpg

テスラーのマスクCEOは、同社のバッテリーは最終的に製品全体で鉄ベースが3分の2、ニッケルベースが3分の1になるだろうと語っている。中国以外の地域でのバッテリー化学組成は大部分がニッケルベースで、具体的にはニッケル・マンガン・コバルト(NMC)とニッケル・コバルト・アルミニウム(NCA)。これらの比較的新しい化学組成は、エネルギー密度が高いことから自動車メーカーにとって魅力的なものとなっており、OEM(完成車メーカー)におけるバッテリーの航続距離の改良に貢献しているとした。

マスク氏の強気の姿勢がEV業界全体に変化をもたらしつつあり、中国以外のバッテリーメーカーが追随できるかどうかが問われるところだ。LFP方式への回帰を示唆しているのはマスク氏だけではない。FordCEOであるジム・ファーリー氏は2021年、一部の商用車にLFPバッテリーを採用すると発表した。一方、フォルクスワーゲン、VWのCEO、Hヘルベルト・ディース氏は、同社のバッテリーデーのプレゼンテーションで、VWのエントリーレベルEVの一部にLFPが使用されることを明らかにしている。

LGエネルギーソリューション、「リン酸鉄バッテリー生産」宣言したことで、バッテリー競争激化が加速する。

関連記事

[ 2021年10月26日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp