韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本、留学生など新規入国の門が開く…10カ月ぶりに緩和

日本、留学生など新規入国の門が開く…10カ月ぶりに緩和

日本政府が早ければ8日から外国人の新規入国を許容することにした。日本の新型コロナ感染状況が改善され、10カ月ぶりに門が開かれる。

NHKは2日、「(日本政府は)ビジネスを目的とする短期滞在者や留学生などは、受け入れる企業や大学などが行動を管理することを条件に入国を認める方針」だと報道した。これらの措置は早ければ8日から施行される。観光客は対象から除外された。 ビジネス目的の訪問者は、ワクチンを2回接種した場合には隔離期間を現在の10日から3日に短縮する。新型コロナ検査の結果陰性が確認されれば、4日目から公共交通やレストランの利用などの外出が可能になる。

これに先立って、日本はデルタ変異株が広がり、1月から外国人の新規入国を全面禁止し、以前に入国したことがあるか、日本人配偶者がいるなどの特別な事情がある外国人に対してのみ例外的に許容してきた。そのため、日本で長期在留できる資格を認められたが入国できなくなった外国人が37万人余りに達した。彼らのうちの約70%は、技能実習生や留学生という調査も出てきた。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41568.html

スポンサードリンク
日本政府は新型コロナウイルスの水際対策を緩和する検討に入った。原則停止していた外国人の新規入国に関し、ビジネス目的の短期滞在や留学生、技能実習生を対象に認める。受け入れ企業や団体による入国者の行動管理を条件とする。短期ビジネス目的の入国者についてはワクチンを接種済みなら入国後の待機を最短3日間に短縮する。現在はワクチン接種済みでも入国後10日間の待機を求めている。国内で新規感染者数を抑制できており、ビジネス往来を再び活発にするという。

2021-11-03-k002.jpg

日本政府は近く与党側に説明し週内にも発表する。月内の運用開始をめざす。観光客は今回の措置の対象外とする。安全性に配慮しながら段階的に外国人の入国を認めていくとし、待機措置の短縮は海外でのビジネスを終えて帰国する日本人にも適用するとした。1月に海外での変異ウイルス流行などを受けて入国制限を強化し、現在はいったん入国したことがある人や、日本人配偶者がいるなど「特段の事情」がある外国人に来日を限っている。新規入国は原則認めていない。

今後は、外国人の新規入国にあたり、受け入れ先の企業や大学などがとる防疫措置について経済産業省、文部科学省、農林水産省といった省庁が書面などで確認し、海外で新たな変異ウイルスが発生したときは再び速やかに対策を強化するとしているが、リスクもあるだろう。変異コロナウイルス感染拡大が広まらない事を祈るしかない。また日本のコロナ感染者が激減しているが、単に感染確認数が大きく減少した事が関係しているとの指摘もある。

関連記事

[ 2021年11月03日 08:27 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp