韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本撤退から13年、現代自動車が来年の再進出を検討

日本撤退から13年、現代自動車が来年の再進出を検討

現代自動車が早ければ来年にも日本市場再進出を検討中だ。電気自動車と水素自動車を基盤に日本市場で電動化転換がやや遅れていると評される日本車メーカーとの直接競争に参入するということだ。販売不振に耐えきれずに日本市場から撤退してから13年後の再挑戦となる。

現代自動車の張在勲(チャン・ジェフン)社長はこのほど、日本経済新聞系列のメディア「日経ビジネス」とのインタビューで、「電動化の波は自動車産業に訪れた100年ぶりのチャンス」「先進市場でありながらも最も厳しい市場である日本に進出することを慎重に最終検討しているところだ」と明らかにした。日本の消費者のニーズを満たすため、進出準備を慎重に進めているということだ。 現代自動車は去る2001年に日本に進出したが、販売不振で乗用車市場からは2009年に撤退した。現代自動車が日本に進出していた間に販売した自動車台数は1万5000台余りに過ぎない。販売市場からは撤退したが、今も日本の道路に約700台の現代自動車製の車が走っており、整備などのメンテナンスは継続している。

張在勲社長は、現代自動車が日本に進出すれば、電気自動車と水素自動車を中心に競争力を発揮するだろうと自信を見せた。現代自動車はスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)水素自動車「NEXO(ネクソ)」とクロスオーバーSUV電気自動車「IONIQ(アイオニック)5」を出すなど、以前より多彩なラインナップをそろえており、日本の消費者に差別化された価値を提供できるということだ。

スポンサードリンク
張在勲社長は先日、電気自動車モデルに対して安全性の問題が発生したことに関して、「これまで7万7000台をリコール(回収・無償修理)して原因を把握した」「火災や衝突への安全性を確保した電気自動車(EV)専用の共通プラットフォーム(車台)『E-GMP』を開発し、リアルタイムのデータを受け取ってバッテリーの状態をチェックするために通信インフラ確保することにより、日本の消費者の信頼を得られるだろう」と説明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/08/2021110880007.html

hyundai-3.jpg

あの撤退から10余年を経た現代自動車は2022年に日本市場への再参入を発表した。現在販売するヒュンダイの車種にはセダン系にグレンジャーやエラントラ(韓国名アバンテ)があり、主流となっているSUV系のコナ、サンタフェ、ヴェニューなどがある。 だが現代自動車は、これまでの内燃機関を搭載する車両ではなく、EV、FCVといったゼロエミッションカーで新市場の形成を目指すと言われている。FCVのNEXOにとりわけ力を注いでいる。

とはいえ日本の自動車産業は世界でもトップ企業がひしめいているわけで、まして発火やクレーム多発の現代自動車は買わないだろうし、日本進出しても返り討ちにあうだけでしかないが…。それだけ韓国内経済は必至な状態と言う意味となる。

関連記事

[ 2021年11月08日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp