韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  文大統領、岸田首相に再び書簡送り「韓日関係の発展に向けた共同努力」呼び掛ける

文大統領、岸田首相に再び書簡送り「韓日関係の発展に向けた共同努力」呼び掛ける

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日午後、日本の岸田文雄首相宛に書簡を送り、韓日関係の発展に向けて共に努力していこうという考えを伝えたと、大統領府が明らかにした。

大統領府のパク・キョンミ報道官は同日の書面ブリーフィングで、岸田首相宛に第101代首相の就任を祝う書簡を送ったとし、このように明らかにした。パク報道官は「韓国政府は日本の新内閣(第二次岸田内閣)との意思疎通と協力精神を土台に、両国間はもちろん、新型コロナウイルス感染症や気候変動への対応などグローバル懸案に対処するため、互いに知恵を集め、解決に向けた努力を続けていくことを期待する」と述べた。

岸田首相は、先月31日に行われた日本の衆議院選挙で、自民党が単独過半数を上回る261議席を確保したことで、再任が確定した。 文大統領はこれに先立ち、10月に岸田首相が第100代首相に就任した際も、祝賀書簡を送った。文大統領は当時、「隣国らしい協力のお手本を見せられるよう、意思疎通を図り、協力していくことを期待している」というメッセージを伝えた。

スポンサードリンク
文大統領と岸田首相による直接会談はまだ行われていない。今月初め、英国グラスゴーで開かれた国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)首脳会議を機に、会う可能性があると予想されたが、日程の問題で実現しなかった。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41661.html

2021-11-11-k002.jpg

文氏は国交正常化以来最悪といわれる日韓関係の改善に向けて菅義偉前首相との対話を模索しながら、いわゆる徴用工訴訟問題などで折り合えず、一度も直接会談できなかった経緯がある。もっとも単に、文氏の任期が残り約7カ月となる中、最悪の日韓関係を放置したとの〝汚名〟を避けたい思いのほうが強いだろうと思うが…。

韓国の聯合ニュースは、韓国で〝極右〟のレッテルが貼られてきた安倍晋三元首相らに近い人物が複数入閣した点を挙げ、「極右政治家を内閣の要職に起用したことは、韓日関係に負担として作用する可能性がある」と論じている。 一方の岸田首相はというと、衰退する韓国に興味は無いだろう。我が国においても、国家予算の過半が国債対応であり、超高齢化社会となり、自国経済維持発展政策は不可欠となる。

自国防衛を含め、問題は山積している。日韓問題どころでは無いだろう。

関連記事

[ 2021年11月11日 08:32 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
現状維持、日本は現在でも最大限の努力続行中。
[ 2021/11/11 09:24 ] [ 編集 ]
こんにちは
岸田首相からみた文大統領は、すれちがいで「こんにちは」の
挨拶で終わりという人間関係のようです。
文大統領は日本に向き合う前に、自分の宿題の片付けがあるはず。
リセットかけたつもりなのか?
外交はそんなに甘くはない。
[ 2021/11/11 13:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp