韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  半導体大乱で復活…韓国ファウンドリー企業DBハイテック

半導体大乱で復活…韓国ファウンドリー企業DBハイテック

京畿道富川市にある半導体ファウンドリー(受託生産会社)DBハイテックの工場。その正門には半導体ウエハーと生産に必要なさまざまな化学製品を積んだ大型トラックがひっきりなしに出入りしていた。昼食時間になると、数百人の従業員が駆け足で構内の食堂に向かった。ある従業員は「最近はラインが連日フル稼働しており、食事も取る暇がないほど忙しい」と話した。

DBハイテックは最近の注文殺到で富川工場と陰城工場(忠清北道)のファウンドリーを100%稼働している。来年第3四半期まで受注が一杯で、一部は断っているほどだ。DBハイテック関係者は「今年上半期に半導体生産量をウエハー基準で4万枚近く増やしたが、生産が需要に追い付かない」と話した。DBハイテックが世界的な半導体供給不足に便乗する形で復活している。10年以上赤字を出し続け、DBグループ内から「事業売却もできない」との声が漏れていたお荷物企業がグループを代表する孝行企業へと変身を遂げている。

DBハイテックは半導体供給不足の深刻化で年初来、TV・家電用の電力管理半導体(パワーマネジメントIC)、車両用マイクロコントロールユニットなど主力製品の需要が急拡大し、会社設立以来最高の好況に沸いている。DBハイテックは12日、第3四半期(7-9月)の売上高が3284億ウォン、営業利益が1190億ウォンだったと発表した。いずれも過去最高だ。第3四半期の営業利益率(36%)も四半期ベースで過去最高だった。通期の売上高は今年、初めて1兆ウォンを突破する見通しだ。

スポンサードリンク
DBハイテックは長期にわたってDBグループのお荷物だった。DBハイテックは2002年に亜南半導体を買収し、半導体ファウンドリー市場に参入したが、いばらの道だった。ドットコムバブルの崩壊で半導体不況が訪れ、最初の10年間は毎年2000億-3000億ウォンの赤字が続き、累積赤字は3兆ウォンを超えた。東部グループの金俊起(キム・ジュンギ)会長がDBハイテックに私財3500億ウォンを注入し、生き長らえなければならなかった。

DBハイテックは2015年に半導体好況を追い風として黒字転換に成功し、業績が回復し始めた。稼いだ資金を研究開発(R&D)に投資し、米半導体メーカー出身の開発人材を大量採用した。製品群もパワー半導体だけでなく、スマートフォン・自動車・監視カメラ用のイメージセンサー、有機発光ダイオード(OLED)テレビ用のディスプレー駆動チップなど幅広い分野に拡大した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/15/2021111580005.html

2021-11-16-k003.jpg

2014年に2000億ウォンで購入できたDBハイテックが、半導体大乱の『ゲームチェンジャー』として浮上した。車両用半導体から始まったシステム半導体の需給難が、電子業種全体に広がり、200ミリファウンドリー(半導体受託生産)が主力のDBハイテクの価値が現れている。半導体大乱の中、「売上高1兆ウォン、営業利益率25%」の超優良企業として生まれ変わった。DBハイテックは、今年1-3月期の売り上げが2437億ウォンと過去最高を更新したと発表している。

営業利益は、昨年同期より6%減少した606億ウォンだったが、市場の反応は悪くない。生産設備の利用年数を11年から6年に調整し、減価償却費が204億ウォン(約20億円)から359億ウォン(約35億円)に増えたことを反映した実績で、。従来の基準を適用した場合、同社の営業利益は700億ウォンを上回る。200ミリ企業は超微細工程を選ぶ必要がない多品種少量生産製品群に力を入れた。低画素イメージセンサー、PMIC(パワー半導体)、DDI(ディスプレー駆動チップ)などを設計する中小ファブリスと提携し、隙間市場を開拓した。

関連記事

[ 2021年11月16日 08:49 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
線香花火は終わりかけのころに火花が盛り返すことがある
小さなところが盛り返したところで、大勢に影響しない
[ 2021/11/16 15:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp