韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自は海外シフト、外国企業は生産割り当てず

現代自は海外シフト、外国企業は生産割り当てず

現代自グループは来年から、米国で電気自動車を生産する計画だ。現在は韓国国内の工場で生産して輸出・販売しているが、今後は現地販売分は現地工場で生産することになる。これにより、現代自のアラバマ工場と起亜のジョージア工場では内燃機関車の生産ラインの一部が電気自動車専用の生産ラインへと転換される。

業界では、これを皮切りに現代自が電気自動車の現地生産・供給体系を拡大すると予想している。米国の電気自動車市場が急速に成長している上、米国政府が現地で生産される製品へのインセンティブを強化しているからだ。 現代自が電気自動車の生産の一部を海外へとシフトする一方、外資系企業の電気自動車生産はなかなか韓国には割り当てられない。韓国に生産拠点のあるゼネラルモーターズ(GM)とルノーグループは、生産コストが高いことを理由に韓国の工場に電気自動車の生産を割り当てていないのだ。電気自動車への転換が加速化し、世界の自動車産業が活況を呈する中、韓国では電気自動車生産の空洞化現象が起きるとの懸念が出ている。

米国GMのナンバー2、スティーブ・キーパー海外事業部門社長の訪韓を控え、業界では韓国GMに新たな電気自動車の生産が割り当てられるかどうかに注目した。GMは将来的に電気自動車メーカーに転換すると発表したが、韓国の工場では依然として電気自動車の生産計画がない状態だ。

スポンサードリンク
しかし、キーパー氏は12日、「5年以内に韓国市場に10種類の電気自動車を紹介する」とした上で、それらの新車種は全て輸入すると明らかにした。韓国の工場で電気自動車を生産する計画もないと述べた。通常であれば、本社が生産台数を割り当てれば2-3年かけて関連の生産設備を整え、その後本格的に生産に入るため、この点を考慮すると今後2-3年以内に韓国GMの工場で電気自動車が生産される可能性はないということになる。

ルノーグループの韓国事業場であるルノーサムスンにも、電気自動車の生産は割り当てられていない。韓国自動車産業協会は「韓国GMやルノーサムスンなどの外国企業は、2025年まで電気自動車の生産計画がなく、2030年まで生産は不可能だ」として「10年後の2030年までに韓国の自動車業界が生産できる累積台数は300万台以内」と指摘した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/16/2021111680221.html

hyundai-1.jpg

電気自動車は内燃機関車よりも必要部品の数が少ない上、高度な自動化設備によって生産されるため、必要な労働力もその分少なくなる。GM、フォルクスワーゲン、ダイムラーなど世界の完成車メーカー各社が電気自動車への転換を発表するとともに大々的なリストラに乗り出しだとしている。 だが、韓国の雇用市場は基本的に解雇が不可能であり、完成車メーカーの強硬な労働組合は雇用維持はもちろんのこと待遇改善も求めており、電気自動車への転換は遅々として進まないとの指摘がある。

さらに、電気自動車を皮切りに完成車の生産が海外にシフトし始めれば、投資の余力がない部品メーカーが真っ先に打撃を受ける。専門家は、自動車産業の堅固な生態系を維持するためにも、国内の電気自動車の生産規模を一定水準以上に維持すべきと指摘している。 とはいえ現代自は外資系企業であるから企業維持が優先される。今の現代自は品質問題のみならず、問題が山積している。製造コスト低減を含め、バッテリー部材確保などへの投資と拠点移動の加速は今後も続くだろう。

関連記事

[ 2021年11月17日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
サムスンもLGも
電池工場が海外に出るのを見ているのでしょう。
サムスンSDI、LGエナジーともに電池生産は海外展開。
韓国は自動車市場としても、生産地としても魅力が低下している。
[ 2021/11/17 12:47 ] [ 編集 ]
製造立国の韓国終焉
韓国の製造業が崩壊して行っている。
今後は製造業に変わる何かを見つけないと生き残れない。
[ 2021/11/18 17:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp