韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  史上最高の輸出行進、今年は755兆の見通し…韓国経済

史上最高の輸出行進、今年は755兆の見通し…韓国経済

韓国の今年の輸出額が、史上最高値を記録するという見通しが出た。韓国貿易協会・国際貿易通商研究院は、22日に発表した「2021年の輸出入評価及び2022年の見通し」で、今年の輸出額は6362億ドル(約755兆1694億ウォン)、輸入は6057億ドルと予想した。それぞれ昨年より24.1%と29.5%増えた規模で、輸出と輸入を合わせた全体貿易額は1兆2419億ドルと予想された。貿易額は全体で、先月末基準で史上最短期間(299日)で1兆ドルを超えた。

今年の輸出好調には半導体、石油化学、自動車などの主力品目が一様に寄与した。半導体(1230億ドル)は、Dラム単価の下落にもかかわらず、大規模なサーバー交換およびシステム半導体の需要などで、2年連続で輸出が1000億ドルを突破する見通しだ。石油化学(548億ドル)は原油価格の上昇、新型コロナの防疫と使い捨て用品など、非対面関連製品の需要増加の影響を受けた。自動車(462億ドル)は、グローバル半導体の需給難の中でも欧州などグローバル需要の回復に拍車がかかった。

スポンサードリンク
同報告書は、来年も輸出が2.1%上昇し、成長を続けるものと見ながらも、グローバル供給網の混乱や中国の経済成長の減速、主要国のインフレ拡大などをネックとして取り上げた。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20211123/3051801/1

2021-11-23-k005.jpg

今年に入って10月までの韓国の累積輸出額が5232億ドルと史上最高値を記録した。新型コロナウイルスにもかかわらず、輸出増加傾向が昨年11月から12か月連続続いた結果だ。韓国政府は、今年の年間輸出額が6000億ドルを超え、史上最高記録を更新するものと見込んでいる。ただ、原油や液化天然ガス(LNG)などの国際原材料価格の高騰を受け、輸入額も同様に大幅に増加し、貿易収支(輸出額-輸入額)の縮小は避けられない。

全般的な輸出好調が続く中、品目別の輸出明暗は分かれた。半導体、石油化学など15大主力品目のうち13品目は先月輸出が増加したが、自動車(-4.7%)と自動車部品(-1.2%)輸出は減少した。世界的な車両向け半導体の供給難による国内自動車生産の支障が、自動車関連輸出の減少につながった。

10月の半導体輸出は前年同月比28.8%増加した111億7400万ドルと集計され、全体輸出の増加を牽引した。特に、メモリー半導体に比べて高付加価値商品とされるシステム半導体の輸出比重が18年の20.9%から今年31%へ上昇した。石油化学(68.5%)、一般機械(12.7%)、石油製品(138.1%)、鉄鋼(48.6%)の輸出増加も目立った。

原油などの原材料価格が高騰していることは、輸出メーカーに大きな負担となる見通しだ。 10月、月平均ドバイ油価格は1バレル当たり81.6ドルで、前年同月比100.7%上昇した。 このため、原油の輸入額は同期間82.9%増加し、LNG輸入額は146.2%増えた。 有煙炭の輸入額も83.6%高騰した。

関連記事

[ 2021年11月23日 08:48 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp