韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  人生の意味をどこに見出すかと聞くと…韓国人だけがこれを1位にあげた

人生の意味をどこに見出すかと聞くと…韓国人だけがこれを1位にあげた

人生において最も重要な価値とは何だろうか。自分の考えと世界の人々の考えは、どれほど同じでどれほど違うのだろうか。 米国の世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが、韓国を含む17の先進国の1万9000人の成人に対して「自分の人生を意味深いものにしている価値とは何か」を尋ねたところ、回答者が第1位に挙げた価値は家族(38%)だった。続いて2位が職業(25%)、3位が物質的豊かさ(19%)だった。

しかし韓国人は、調査対象国の中で唯一、物質的豊かさを人生の最大の意味としてあげた。家族は物質的豊かさ、健康に続く3位にとどまった。 家族を意味のある人生の最大の源泉として選んだ国は、17カ国中14カ国だった。平均して10人に4人が家族を「人生の最大の意味」と答えており、ギリシャ、オーストラリア、ニュージーランドではこの割合が50%を超えた。彼らは両親、きょうだい、子どもとの睦まじい関係、共に過ごす楽しさ、子どもの成長を見る喜び、子どもにより良い世の中を残したいという気持ち、などを人生の意味としてあげた。スペインでは健康が、台湾では社会が1位だった。

また、欧州人は自然に、米国人は宗教に人生の意味を見出す傾向が強かった。政治傾向ごとに見ると、相対的に進歩派は自然に、保守派は宗教により大きな意味を見出していた。

スポンサードリンク
物質的豊かさを人生の最大の意味としてあげた韓国人の割合は19%で、それほど高いわけではない。2位の健康(17%)、3位の家族(16%)との差もわずかだ。 ピュー・リサーチ・センターは、韓国人の各項目の回答割合が全般的に低いことについて、「今回のアンケート調査は複数回答を認める開放型で実施したが、韓国人回答者の62%が1つのみを選んだため」と明らかにした。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41789.html

2021-11-23-k001.jpg

物質的豊かさを人生の最大の価値とした理由は、生活が苦しい、マイホーム購入から、家族の扶養資金、負債の返済、バイクや旅行のような余暇活動を楽しむための余裕資金に至るまで、非常に様々だったと伝えている。人生の意味としてペットや旅行をあげた韓国人は0%だ。今の韓国を表している。

通貨危機を経て、高度成長を終えて、大手企業は外資系企業となり、政府の後押しで巨大化し、日本への対抗心だけが独り歩きしている。経営者だけが韓国財閥であり、株主還元優先、一部の優良社員優遇で、韓国民への見返りは法人税レベルでしかない。雇用も次第に拠点を東アジア地域に変わりつつあり、GNIが上昇しても、国民の平均年収は殆ど上昇しない。

外資に助けられる構図は企業のみならず、政府の借金も同様で、国家予算の過半が外資となる。また海外からカネが入らないので、毎年政府負債は数十兆円規模で膨れ上がる。挙句に自国民の負債も膨れ上がり、借金地獄から抜け出ることは無い。

関連記事

[ 2021年11月24日 08:14 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp