韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  完全自動運転車完成の時代速まる…「アップル4年以内開発説」に緊張

完全自動運転車完成の時代速まる…「アップル4年以内開発説」に緊張

自動運転技術の元祖である自動車分野は、企業間の技術開発のスピード競争が激化している。技術力の優位を証明し市場を先行獲得するために、各社が大規模投資と開発人材を注ぎ込んでいる。スピード戦に参入したのは自動車メーカーだけではない。最近市場で注目を浴びているのは、スマートフォンなどを作る世界最大の情報技術(IT)企業である米国のアップルだ。

ブルームバーグ通信は19日(現地時刻)、「アップルが社内では4年以内に完全自動運転車を発売することを目標にしている」と報道した。今年初めまでは完全自動運転車の発売には5~7年かかるとみられていたが、発売目標時期を4年後の2025年に大幅に操り上げたという意味だ。同メディアはまた、アップルが自動運転車に搭載する自社半導体チップ(プロセッサ)の開発をほとんど完了しており、近い将来に道路試験走行を始めるだろうと付け加えた。これに先立って2014年から秘密裏に稼動したアップルの電気自動車開発プロジェクト「プロジェクト・タイタン」は、7年間の開発遅延、主要な人材の離脱などを経験した。

自動車の自動運転技術は、通常0~5段階(レベル)に区分される。段階が高いほど運転の主導権が人から機械に移る。1段階では足を離し、2段階では足と手を離し、3段階では足と手と目を離す条件付き自動運転がなされる。4段階では特殊状況を除く大部分で自動車が自ら運転する水準、5段階では車内からペダルと運転席が姿を消す完全自動運転になる。

スポンサードリンク
現在、自動車メーカーのうち最も進んだ自動運転技術を保有する米国のテスラの走行補助システム「オートパイロット」は2段階の水準だ。ブルームバーグが言及したアップルの自動運転車は5段階の自動運転技術を持つ車を指している。 テスラは自動運転2~3段階の中間とみなされる「フルセルフドライビング」(FSD)機能を試験中で、ゼネラルモータース(GM)も2023年から多くの道路状況に対処できる自動運転技術「ウルトラクルーズ」を量産車に適用する予定だ。

現代自動車も最近開いた開発者カンファレンスで「来年には手を離して走行できる高速道路の自動運転3段階技術を量産し、ソウルで4段階技術を適用したロボタクシーのテストサービスも進める計画」と明らかにした。日本のトヨタも今年2月、富士山麓の廃工場跡に水素エネルギーと太陽光、自動運転、人工知能(AI)技術などを連係させたスマート都市の着工式を開いた。これに先立って同社は、米国のライドシェアリング(配車サービス)企業リフトの自動運転事業部を5億5千万ドルで買収した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/41787.html

2014-02-10-ap.jpg

米国アップルが、早ければ2025年にも完全自動運転の可能な電気自動車をリリースするとしている。アップルは5~7年後に予定していた日程を繰り上げて、4年後の2025年に自動運転車を発売するという目標を立てた。アップルは2014年から電気自動車「アップルカー」(仮称)を開発する「プロジェクトタイタン」を進めてきた。同チームはここ数年間、現在発売されている電気自動車のように、方向調整·加速に焦点を合わせた制限的な自動運転モデルと、人の操作が全く必要ない完全自動運転バージョンを検討してきたと、ブルームバーグは伝えている。

さらにアップルでは、自動運転システムを支える半導体開発が進み、アイフォンとマックなどに入るプロセッサー「アップルシリコン」開発チームが設計したとしている。アップルは自動運転実験用レクサススポーツユーティリティー車(SUV)を69台保有おり、自社開発半導体でのテストを実施するとみられる。アップルが目標とする自動車は、ハンドルとペダルがなく、内部はハンズオフドライビングを中心に設計されるという予想だ。

また、車の中央にアイパッドのような大型タッチスクリーンを配置し、乗客がこのシステムと相互作用できる案を研究している。アップルカーはアイフォンなどアップル機器・サービスと緊密に統合して運営されるとしている。

関連記事

[ 2021年11月24日 08:24 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
商品価値
乗物には、anytime, anywhere という使命があって、
運行に条件が付く自動運転車は用途・場所限定になります。
それでも、頑張って商品価値を引き上げるでしょう。
[ 2021/11/24 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp