韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のゴルフ用品輸入6億ドル…ゴルフクラブの64%が日本製

韓国のゴルフ用品輸入6億ドル…ゴルフクラブの64%が日本製

韓国国税庁は24日、今年1-10月のゴルフクラブ、ゴルフボール、ゴルフグローブなどゴルフ用品の輸入額が6億100万ドルとなり、前年同期(4億6500万ドル)に比べ29.2%増えたと発表した。過去最高を記録した昨年の通年輸入額(5億4200万ドル)を既に上回った。同庁は「コロナ以降、ゴルフが安全な野外スポーツとして認識され、人気が高まった影響だ」と指摘した。

国別では日本からの輸入が2億7900万ドルで最も多く、中国(1億1800万ドル)、米国(9600万ドル)、タイ(4300万ドル)が続いた。

品目別に見ると、ゴルフクラブは日本(2億4900万ドル、輸入額全体の64%)からの輸入が最も多く、ゴルフボールはタイ(3500万ドル、同42%)、ゴルフグローブはインドネシア(1700万ドル、同74.7%)の輸入割合が高かった。流通業界関係者は「ゴルフクラブはゼクシオや本間など日本製品に対する国内需要が高く、タイトリストのボールはタイで、PRGR、ブリヂストンゴルフ、ゼクシオなどのグローブはインドネシアで生産されるため、そこからの輸入額が増えた格好だ」と説明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/25/2021112580002.html

スポンサードリンク
ユニクロと日本製ビールなどを対象とする日本製消費財に限れば、不買運動の効果は明らかにあった。業界は過去1年でユニクロの赤字が数百億ウォンに達したと推定している。ユニクロを運営する日本企業ファーストリテイリングは、2019年9月から1年間の売上高が12.3%、純利益が44.4%減少したと発表した。韓国に187カ所あったユニクロ店舗は160カ所余りに減少。日本製ビール、たばこの輸入額はそれぞれ84%、89%減少した。

2021-11-25-k003.jpg

一方で、現実性がなく、国民的な反日感情にだけ頼った政府・与党の大衆扇動にすぎないという批判が共存している。韓国のゴルフウエア消費は20-30代が主導している。韓国レジャー産業研究所によると、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、ゴルフ人口は515万人となり、2017年に比べ33%増えた。ゴルフウエアの市場規模は昨年時点で5兆1000億ウォン台で、前年よりも約10%成長した。うち20-30代のゴルフウエア消費は全体の22%を占めるとされる。

日本のゴルフ用品メーカーもゴルフウエア市場への進出を急いでいる。老舗ゴルフクラブメーカーの本間ゴルフは今年、ゴルフウエア事業に本格的に参入した。昨年6月にゴルフウエア市場進出計画を発表したミズノは百貨店への出店を拡大している。ゴルフ業界関係者は「日本のゴルフウエアブランドの躍進は当面続きそうだ」と予想している。

関連記事

[ 2021年11月25日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp