韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本の一日新規感染者数50人 今年最少

日本の一日新規感染者数50人 今年最少

米国や欧州などで新型コロナウイルス感染者が爆発的に増えている中、日本では感染者が逆に大幅に減っている。毎日新聞などが23日に報道したところによると、22日の日本の一日新規感染者は50人と集計された。これは、今年の一日新規感染者集計で最も少ない数字だ。日本で一日新規感染者が50人以下を記録したのは、昨年6月22日以来、約1年5カ月ぶりだ。週明けの月曜日は通常、新規感染者数が少なく出るのが一般的だが、22日は前週の月曜日(78人)よりも28人少なかった。

新規感染者を都道府県別に見ると、首都圏の神奈川県が10人と最も多かった。今年8月13日の一日だけで5908人が陽性判定を受けるなど、日本で新型コロナ感染状況が最も深刻だった東京都の場合、22日は感染者数が6人だった。東京都の人口が約1400万人であることを考えると、事実上、新型コロナ感染者はほとんどいなくなったと言ってもいい。日本全国47都道府県のうち35府県では感染者が1人も出なかった。感染者が減っていることから全国の重症者数も63人となり、四日連続で70人以下と集計された。死亡者は2人だった。

日本の各メディアや医療専門家らも、日本だけ感染者数が急減している原因をはっきり説明できずにいる。ただし、ワクチン接種率が高く(22日現在76.2%)、今年8月の新型コロナ大流行時に軽症・無症状ながらも感染した人が多く、一時的に「集団免疫」が形成された可能性が有力だと言われている。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/24/2021112480012.html

スポンサードリンク
新型コロナウイルスの感染は、この夏の「第5波」では8月中旬に全国の1日の感染者数が2万5000人を上回るなど、過去にない規模となりましたが、8月下旬以降、一転して急速に減少しました。4日には東京都でおよそ11か月ぶりに1日の感染者が100人を下回り、全国でも、5日まで3日連続で1000人を下回って、ピーク時の25分の1以下となっている。

2021-11-26-k005.jpg

専門家は、7月下旬から8月にかけての夏休みや連休、お盆休みといった人の移動が活発になる要素が集中する時期が過ぎ、要素がなくなったことが減少の背景にあるとしている。また感染しても医療機関で受け入れられなくなって、自宅での待機を迫られたり、自宅で亡くなる人が出たりするなど、医療が危機的な状況に陥ったことが広く報道されたことで、危機感が高まり、一般の人たちがさらに感染対策に協力するようになったとも言われている。

年代ごとのワクチン接種率から試算すると、ワクチンを接種していない人で夜間に繁華街にいた人は、7月上旬に比べて70%程度減少したとみられるとしていて、去年春の1回目の緊急事態宣言のときと同じ程度の水準まで大きく減った可能性があるとしている。2回のワクチンの接種を終えた人は、政府のデータで8月上旬の段階では全人口の30%ほど、高齢者では80%ほどだったが、先月中旬には全人口の50%を超え、高齢者では90%近くになっている。

また気温や雨などの影響を受けた可能性も指摘されている。だが現時点で、どの要因がどの程度、感染の減少に寄与したか、判断するのは難しい。

関連記事

[ 2021年11月26日 08:45 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp