韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  中国 >  オミクロン株の恐怖に震える北京五輪

オミクロン株の恐怖に震える北京五輪

開幕を約2カ月後に控えた2022北京冬季五輪が、相次ぐ悪材料で揺れている。米国や英国などが相次いで外交ボイコットを示唆したのに続き、新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」まで登場し、不確実性が増しているためだ。オミクロン株はすでに香港でも感染者が見つかったうえ、ブレークスルー感染が発生したことが確認され、懸念がさらに高まっている。冬季五輪の開幕を控え、デルタ株の感染拡大により無観客で開催された東京五輪のに二の舞になる可能性もあると見られている。

オミクロン株はすでに各種の国際スポーツイベントに悪影響を及ぼしている。国際大学スポーツ連盟(FISU)は来月11~21日にスイスのルツェルンで開かれる予定だった2021冬季ユニバーシアード大会の開催を見送った。連盟は29日(現地時間)、声明を発表し、「予想だにしなかったコロナ禍の変化と旅行制限で、学生選手たちのための最大の総合スポーツイベントの開催が不可能になった」と発表した。

来月5日に南アフリカ共和国で開かれる予定だった国際ホッケー連盟(FIH)女子ホッケージュニアワールドカップ(W杯)も中止になった。南アフリカはオミクロン株の感染が比較的深刻な地域だ。大会に参加するため南アフリカを訪れた一部の選手たちは、各国が同地域への渡航歴がある人の入国を制限する措置を取ったことで、現地に足止めされている。ポルトガルでは、プロサッカー球団で選手17人の感染が確認され、没収試合となったが、このうち13人がオミクロン株に感染していたことが後で確認された。

スポンサードリンク
世界的に国境を統制する動きも強まっている。デルタ株の感染拡大に対する懸念が高まる中で東京五輪を強行した日本政府は、先月30日から外国人の新規入国を全面的に制限した。すでにオミクロン株の感染者が発生し、ホテル内でブレークスルー感染も確認された香港は、30日からアフリカの一部国家からの入国を全面禁止する一方、12月2日からは過去21日以内にオーストリアやベルギーなどへの渡航歴がある外国人の入国も禁止する。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41855.html

2021-12-01-k001.jpg

新型コロナウイルスのオミクロン株感染が世界的に拡大している中、中国外交部の趙立堅報道官が北京冬季オリンピックの開催予定に変更はないことを強調した。趙報道官は30日の記者会見で、「オミクロン株はもちろん感染対策における新たな挑戦だ。だが、中国は新型コロナウイルス感染対策の経験を蓄積しており、冬季オリンピックは予定通り開催できると確信している」と述べている。

趙報道官は、「南アフリカ共和国が迅速に変異株の情報を提供したことを中国は高く評価している」と発言。中国が南アフリカを含む国際社会と団結して感染症対策を進めていくことを強調した。また、中国は科学的に感染症対策を進めていくとともに、世界保健機関(WHO)の対策を支持し、国際協力を積極的にリードしていくとした。

とはいえ、無観客対応になるのか、中止になるのかは、今後の調査と感染数及び対応状況によるだろう。

関連記事

[ 2021年12月01日 07:59 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp