韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  李在鎔氏の「ニュー三星」、年功序列廃止し30代役員・40代CEO誕生も可能

李在鎔氏の「ニュー三星」、年功序列廃止し30代役員・40代CEO誕生も可能

三星(サムスン)電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が、5年ぶりに大々的な内部革新プランを打ち出した。昇進に必要な役職別の滞留年数を廃止するなど、年功序列を無くしたのが柱となっている。三星でも、スタートアップ企業のように30代役員や40代の最高経営責任者(CEO)の誕生を可能にするという意味だ。

三星電子は29日、「新しい時代、新しい変化を導くための人事制度と組織文化の革新に踏み切る」と人事制度の革新案を発表した。三星は、昇格の必須条件だった段階別標準滞留年数をなくすことにした。これまでは部長級(CL4)で5~7年後に役員昇進が可能だったが、今後は年次や年齢に関係なく成果が認められれば、役員に昇進できる。役員の専務と副社長は副社長に統合し、社長昇進までの段階を減らした。三星は、若い経営陣を早期に育成するための「三星型ファーストトラック(fast-track)だ」と説明した。

職員対象には、同じ部署で5年以上勤務すれば、他部署への異動資格を公式に与える社内FA(Free-Agent)制度を導入する。韓国内と海外法人の優秀な人材が相互交換勤務する制度も導入した。評価は、既存のトップダウン方式に代わって「360度評価」を実施し、等級別の割合を割り当てる相対評価の代わりに絶対評価体制が導入される。グーグルやネットフリックス、マイクロソフト(MS)などのシリコンバレーの評価体系だ。

スポンサードリンク
李副会長の今回の人事再編について、製造企業の三星ではなく、「前にはなかったものを新たに作るニュー三星」を目指したという解釈が出ている。
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20211130/3061813/1

2021-12-01-k006.jpg

サムスン電子が、来年から職級別の昇進年限をなくし、役員職級を2段階に単純化した人事制度の再編に踏み切った。年齢や入社年度とは関係なく、成果を上げた若い人材を役員として重用できる道が開かれた。李在鎔副会長が、人事制度革新を通じて「ニューサムスン」に向けた一歩を踏み出した。米国のシリコンバレーテック企業のように水平的な組織に変えるのが目標だ。来年から、サムスン電子とサムスンディスプレーに優先的に適用される。

役員以下の職員たちの既存職級の「キャリアレベル(CL)」は、事実上廃棄した。職級別標準滞在期間と昇格ポイントをなくし、能力さえあれば昇進できる。これまでCL2(社員代理級)、CL3(課長·次長級)はそれぞれ10年近く勤務してこそ、次の職位に上がることができた。これからは、成果と専門性を多角的に検証する「昇格セッション」を開き、昇進を決める。毎年3月に発表していた定期昇格リストは公開しないことにした。会社のイントラネットでは役職と社番の表記も削除するという。

副社長と専務を副社長に統合するなど役員の職級も簡素化する。社長以下の役員の職級は「常務」と「副社長」だけが残った。これを通じて、30代の副社長と40代の最高経営者(CEO)が誕生する土台を作った。「階段」を上れる資格をなくし「階数」も減らした。社内で呼んでいた「部長」の呼称も消える。これからは職員同士が尊敬語を使い、「プロ」や「様」と呼ぶ予定だ。

関連記事

[ 2021年12月01日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp