韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  感染者急増にオミクロンで「非常事態」=韓国

感染者急増にオミクロンで「非常事態」=韓国

韓国の新型コロナウイルスの新規感染者数が初めて5000人を超えた。重症患者数も700人台を記録した。重症患者用病床の拡充の速度が重症患者の増加に追いつけず、病床不足も悪化の一途をたどっている。このままでは重症患者診療システムが崩壊するのではないかとも懸念される。泣き面に蜂で、新たな変異株「オミクロン」への感染が疑われる例が国内でも発生した。絶体絶命の危機といっても過言ではない。日常回復への期待はしばし押入れに仕舞って立ち止まるべき時だと考える。防疫当局は、流行規模を適正水準に抑え込めるよう、防疫強化策を早急に打ち出すべきだろう。

中央防疫対策本部の発表によると、1日午前0時現在で過去24時間以内に確認されたコロナ新規感染者数は5123人。直前の最多記録である4115人(11月24日)より1000人以上も多い。重症患者も1日で62人増え、過去最多の723人となった。重症患者が急速に増えたことで、医療対応の余力も日に日に枯渇しつつある。重症患者が集中的に発生している首都圏の重症患者病床の稼働率は89.2%に達する。首都圏に近い忠清圏(95%)もすでに飽和状態だ。首都圏の患者を非首都圏へと移送する「一時しのぎの処方」の限界が如実に表れているのだ。そのため、病床の空きを待つ患者は首都圏だけで800人を超える。昨年冬の第3波のように、十分な治療も受けられずに死亡する人が続出しないとも限らない。

スポンサードリンク
このような状況においてオミクロン株の拡散まで起これば、防疫システムにとって深刻な脅威とならざるを得ない。オミクロン株は感染力が強いうえ、ワクチンの効果も低下させることが知られている。オミクロン株の存在が分かってからわずか1週間後には、世界6大陸のすべてにおいて感染例が確認されている。外国人の入国を全面遮断した日本とイスラエルでも感染者が確認された。

専門家は、このような拡散の勢いを考慮すれば、国内への流入は避けられないだろうと見ている。問題は拡散速度だ。流入と拡散をできうる限り抑え込んで対応する時間を稼がなければならない。今年6月のデルタ株の流行初期に、安易な対応で拡散を勢いづかせた過ちを繰り返してはならないだろう。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/41867.html

2021-11-23-k005.jpg

コロナウイルス感染拡大で、世界経済は低迷し、挙句に自然災害多発に伴う、温度上昇等の不安もあり、世界経済の在り方が大きな変化点となりつつある。コロナウイルス感染拡大も自然災害と考えれば、地震や火山噴火に大型台風と、年々悪化しているわけで恐ろしい。

二酸化炭素削減が加速し、あらゆる分野で影響し、新たな時代への変化が求められる中でのコロナウイルス感染拡大であるから厄介である。とは言え広めたのは人間である。一番恐ろしいのは人間の行動となる。

来年、自然災害対応と共にコロナ感染も終息に向かうと考えるが、地球自体が限界になりつつあるという天文学者は多い。今後は自然との共有重視で、経済維持或いは発展となるだろうし、いち早く実施する企業が世界を先導する事になり、より世界企業の協力は不可欠であり、協力しつつ競争するという時代はと変わることになる。

いずれにしても企業間信頼は不可欠で、韓国のような我儘は通じなくなる。世界政府の外交もまた同様に変化するだろう。そろそろ古い時代のシステムから、将来に向けたシステムへの変化が急務と言えそうだ。

関連記事

[ 2021年12月02日 08:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp