韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  WHO、オミクロン株懸念した56カ国の渡航禁止措置に「冷静に対応すべき」

WHO、オミクロン株懸念した56カ国の渡航禁止措置に「冷静に対応すべき」

新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン」に対する懸念が高まる中、世界保健機関(WHO)と新型コロナワクチンを開発したビオンテックの最高経営者(CEO)が、冷静な対応を呼び掛けた。

WHOは30日(現地時間)、オミクロン株に対応して多くの国が全面的な渡航禁止措置を取っていることに対し、否定的な立場を示したと、ロイター通信が報じた。WHOは同日、渡航勧告文を発表し「一律の渡航禁止措置はオミクロン株の感染拡大を防ぐことはできない」としたうえで、「このような措置はむしろウイルスに対する国家間の情報共有を妨げる」と指摘した。ただし、WHOは60代以上や免疫力の弱い人の場合は、渡航を延期するよう勧告すべきだと指摘した。

WHOは「根拠に基づいた措置としては、渡航前や到着時の渡航客に対する新型コロナ検査や隔離措置などが考えられる」と明らかにした。 WHOのテドロス・アダノム事務局長は同日、加盟を対象にした情報セッションで「オミクロン株の出現は当然全世界的に注目を浴びたが、驚いてはならない」とし、「世界の対応は冷静かつ組織的で一貫したものでなければならない。すべての加盟国が国際保健規定に従って、合理的で(リスクに)比例した措置を取ることを求める」と述べた。ロイター通信は28日現在、世界56カ国がオミクロン株の感染拡大を防ぐために渡航禁止措置を施行していると報道した。

スポンサードリンク
ワクチンを接種した場合、オミクロン株の重症化を予防できるという見通しも示された。ファイザー社のワクチンを共同開発したビオンテックのウグル・サビン最高経営者はフィナンシャル・タイムズとのインタビューで「もしウイルスが抗体を回避できたとしても、重症化を予防する二番目の免疫反応がある。T細胞だ」とし、冷静な対応を呼び掛けた。

ファイザー社のワクチンはウイルスが体内細胞を感染させないように防ぐ「抗体」と、すでに感染した細胞を破壊する免疫細胞「T細胞」など2段階の保護膜を作るため、変異株が抗体を回避して体内に入ってきたとしても、T細胞の攻撃を受け軽い症状にとどまるという主張だ。 ただし、サビン氏は「既存のワクチンはオミクロン株に対し、デルタ株ほど効果的ではないだろう」と述べた。既存のワクチンがオミクロン株の感染者の重症化を防ぐことはできても、オミクロン株への感染そのものを防ぐ効果は低い可能性があるという指摘だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/41862.html

2021-12-02-k001.jpg

日本はコロナ感染が大きく減少したまま維持しているが、再拡大すればまた同じことを繰り返すことになりかねない。他国との往来を止めて、感染防止対応し、3回目のワクチン接種効果の確認と実施が急がれる。 記事ではワクチンを接種した場合、オミクロン株の重症化を予防できるという見通しも示され、ファイザー社のワクチンを共同開発したビオンテックのウグル・サビン最高経営者はフィナンシャル・タイムズとのインタビューで、「もしウイルスが抗体を回避できたとしても、重症化を予防する二番目の免疫反応がある。T細胞だ」とし、冷静な対応を呼び掛けたと報じている。

まずは人の往来を止めたうえで、感染拡大を予防し、短期に終息させることが不可欠。世界首脳が協力したうえで対応することが望ましいわけで、世界の統一した見解の元で行動してほしいと願いたいが…。一つの国が無視すれば、また世界へ感染拡大することになりかねない。 

関連記事

[ 2021年12月02日 08:38 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
日経平均、一時300円安
今は、株止めて、現金を持ってこもる。
WHOが健康より景気を心配するという魔な世界。
[ 2021/12/02 15:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp