韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「過去最高の輸出実績」でも笑えない韓国経済

「過去最高の輸出実績」でも笑えない韓国経済

韓国の輸出は先月(11月)604億ドルを記録し、32.1%増加した。月間の輸出額が600億ドルを超えたのは、今回が初めてである。年間基準でも過去最大の輸出と貿易規模達成が確実視されている。今の時点での年間貿易額は1兆ドルを超えた1兆1375億ドルで、すでに11月までで過去最高値となっている。

しかし一方、そのような祝いの雰囲気をかもしだせるような状況ではない。供給網問題という悪材料は依然として続き、新型コロナウイルス感染症の新たな変異株“オミクロン”の出現が世界経済にショックを与えているためである。 オミクロン株は、雇用と経済活動においてとてつもない危険要因となり得る。感染を懸念した人々が対面で労働する意欲を失わせるためだ。これはすなわち、労働市場の不安定性を増大させ供給網の混乱も深刻にさせるということである。米国・EUをはじめとした世界各国の株価の下落が進んでいる理由でもある。

供給網の支障は、原資材価格の上昇に影響を及ぼす。そうでなくても、すでにかなり上昇している現状である。韓国の製造業の生産費用は、原資材の輸入価格の上昇により増加している。3年前より原油価格は36.3%・非鉄金属の価格は33.1%・鉄鉱石は30.3%それぞれ増加した。競争力の低い企業たちはこのような費用上昇部分を価格に反映させることができず、困難に直面している。

スポンサードリンク
そうでなくても国内の状況は暗い。最近発表された “10月の韓国産業生産”は8か月ぶりに最も大幅に減少(マイナス1.9%)した。設備投資も17か月ぶりに最大幅の下落(マイナス5.4%)となった。消費はプラスだが0.2%にすぎない。製造業の生産と出荷がそれぞれ3.4%と2.9%減少したのは、供給網の支障によるものだとみるには十分な証拠であり、金属(マイナス5.9%)と自動車(マイナス5.1%)・機械装備(マイナス4.4%)などの減少幅が特にこのことを表している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ff1426a14b9cca67e90c90766fb9d2b0e672a7ff

2021-11-23-k005.jpg

10月26日、韓国銀行が7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値を発表した。それによると、実質ベースのGDP成長率は前期比でプラス0.3%増だった。需要項目別に確認すると、純輸出は増加した一方、個人消費など内需の落ち込みが大きかった。純輸出が増加した分を、国内の個人消費の落ち込みが消してしまう格好で、結果、経済全体の成長率が想定されたほど伸びなかった。

韓国政府によると、2021年9月の月間の輸出額は統計開始来の過去最高額を記録した。それにもかかわらず、成長率は伸び悩んだ。それについて専門家は、「輸出関連の収益が、家計全体へと行き渡っていないのではないか」との見方をしている様だ。また、新型コロナウイルスの感染再拡大によって、動線が寸断され個人消費が盛り上がりにくかったこともある。それに加えて、韓国内の雇用環境の厳しさや家計債務などの影響もある。

関連記事

[ 2021年12月04日 08:01 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp