韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国、政府債務に続き家計債務も「憂うつな1位」

韓国、政府債務に続き家計債務も「憂うつな1位」

韓国の家計債務が経済規模を踏まえた場合、主要国で最も多いとの調査結果が示された。コロナ以降の家計債務の増加幅も最大だった。家計債務の規模と増加速度はいずれも主要国で1位だ。国際通貨基金(IMF)はこのほど、主要35カ国・地域を比較した場合、韓国では今後5年間、経済規模から見た政府債務の増加速度が最も速いと予想している。それに加え、家計債務も急激に増え、トップに浮上した格好だ。

国際金融協会(IIF)の世界負債報告書によると、今年4-6月期時点で韓国の家計債務の対国内総生産(GDP)比は104.2%で、主要36カ国・地域(ユーロ圏19カ国は1つの国としてカウント)で最も高かった。家計債務がGDPを上回った国も韓国が唯一だった。韓国の次は香港(92%)、英国(89.4%)、米国(79.2%)、タイ(77.5%)、マレーシア(73.4%)、日本(63.9%)、ユーロ圏(61.5%)、中国(60.5%)、シンガポール(54.3%)の順だった。IIFによると、全世界の家計債務の対GDP比は65.5%だった。

コロナ以降、経済規模から見た家計債務比率の上昇幅も韓国が対象国・地域でトップだった。前年同期(98.2%)に比べ6ポイントも上昇した。次が香港(5.9ポイント上昇)、タイ(4.8ポイント上昇)、ロシア(2.9ポイント上昇)の順だった。韓国の上昇幅が大きかった理由は、急激な住宅価格の上昇が理由とみられる。

スポンサードリンク
ローンを利用した住宅購入で住宅担保ローンが急増した。無担保融資や賃貸保証金融資も大幅に増えた。IIFは「住宅価格上昇で世界の家計債務規模が今年上半期だけで1兆5000億ドル増えた」とし、「経済規模を考慮した家計債務は特に韓国、スイス、ロシアで急増した」と指摘した。

企業の債務も急速に増えている。経済規模を考慮した増加幅は前年と比較し、調査対象36カ国・地域で3位だった。今年4-6月期の韓国企業(金融機関除く)の負債比率は115%で、前年同期(107.9%)に比べ7.1ポイント上昇した。同じ期間に韓国より増加幅が大きかったのはシンガポール(7.6ポイント上昇)とサウジアラビア(7.4ポイント上昇)だけだった。韓国の金融機関の6位の85.4%で、英国(191.5%)、日本(188.0%)、シンガポール(185.3%)、香港(167.3%)、ユーロ圏(121.0%)に次ぐ水準だった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/16/2021111680002.html

2014-02-22-wa-1.jpg

一方で、韓国政府の中長期財務管理対象となっている公共機関(政府系企業)40社の負債は今年、550兆ウォン(約53兆5000億円)を超え、2025年には640兆ウォンに迫る見込みだ。韓国企画財政部によると、政府系企業40社の負債は昨年の512兆1000億ウォンから今年は549兆6000億ウォンに膨らむ見通しだ。23年には606兆9000億ウォンとなり、600兆ウォンを突破。25年には638兆9000億ウォンに達する。

政府系企業の負債は最終的に政府が償還しなければならないため、事実上国の借金と言えるが、管理に死角があり、「目に見えない負債」とされている。そもそも韓国政府の国家予算の過半が外責であるから、毎年数十兆円積みあがるので、政府系企業云々と語っている状態ではない。まして貧弱な銀行では、国債対応は無理。いつまで持つのかのほうが関心が高いが…。

関連記事

[ 2021年12月06日 08:19 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp