韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  成長と雇用創出の両方をつかんだ「クーパン」

成長と雇用創出の両方をつかんだ「クーパン」

韓国大手通販サイトのクーパンは2年連続して職員1万人以上を新規雇用し、雇用創出においてリードする会社となっている。今年は第3四半期累計までで昨年の年間売上高(約14兆ウォン、日本円で約1兆3360億円)を達成したクーパンは、今年の売上高は20兆ウォン(約1兆9086億円)突破が確実視されている。クーパンが投資および成長だけでなく、雇用創出まで成し遂げている企業と評価されている。

韓国の国民年金公団によると5日、クーパンの昨年10月基準の国民年金加入者基準の正規職員数は5万9066人となった。昨年末の4万9969人に比べて約1万人増加した数値だ。総雇用者数の基準でもサムスン電子(11万1044人)と現代自動車(6万8518人)に続く3位の水準となった。

クーパンの雇用創出は、物流配送職員であるクーパンチングとクーパンフルフィルメントセンターの職員が大多数を占めている。クーパンは前日に注文すれば翌日の明け方に配送する「ロケット配送」を完璧に実現するために直接雇用を実施している。このため、全国の物流センター拡張に合わせて、直接雇用規模が毎年増え続けている。

スポンサードリンク
今年3月のニューヨーク証券取引所上場当時、クーパン創業者のキム・ボムソク氏も「2025年までに計5万人の雇用を創出する」と約束した。このため、クーパンは当分の間、全国に物流センターを引き続き増やして、圧倒的な雇用創出に乗り出す計画だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6dca7cd6bca97b9e85863e5be9d882596108528

2021-12-07-k001.jpg

クーパン (Coupang)は2010年に設立された韓国のeコマース企業。韓国ユニコーン企業のひとつで、「韓国のアマゾン」を目指すモール型ECサイト「クーパン(Coupang)」を提供している。各企業も動向を注視しており、2018年11月20日には、ソフトバンクグループのソフトバンク・ビジョン・ファンドから20億ドル(約2256億円)の追加投資を受け、拡大を進めている。

取扱商品は、食料品、日用品、ファッション、コスメ、家電、ベビー用品、家具など様々でAmazonを彷彿とさせる商品ラインナップ。韓国のEC市場規模は2018年時点で500億ドル、2025年には約1,020億ドルに達するとしている。日本同様、韓国においてもユーザーがモバイル端末でECを利用する傾向が強くなっている。いつでもどこでも、時間や場所の制約を受けずに利用できるスマートフォンでのEC利用が主流となりつつある。

クーパンには独自のサービスがいくつかある。そのうちの一つが「ロケット配送」と呼ばれる注文した商品が次の日には受け取ることができるというサービスになる。約1億2000万種類以上の商品を販売している中で、自社のスタッフが配達する約400万種類の商品に対して「ロケット配送」が可能だ。また「ワンタッチ決済」など便利なショッピング経験を提供し、数百万人の顧客が毎年数兆ウォンをロケットペイで決済している。

関連記事

[ 2021年12月07日 08:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp