韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ウォール街「米国は債務多い国から資金引き揚げる」…来年審判台に立つ韓国経済

ウォール街「米国は債務多い国から資金引き揚げる」…来年審判台に立つ韓国経済

2022年の世界経済で最大の話題は全世界の中央銀行による金融政策引き締めだ。19年12月にコロナ流行が始まって以降、中央銀行が景気低迷を避けるために供給した莫大な資金を経済正常化に向けて回収する作業だ。米国の中央銀行に相当する連邦準備理事会(FRB)は今月から利上げに先立ち、国債の買い入れ額を減らし始めた。ロシア、ブラジル、ハンガリー、チェコは年初来既に数回の利上げを実施した。ノルウェーとニュージーランドは住宅価格高騰を抑制するために利上げに乗り出している。

FRBが資金供給を減らせば、ウォール街の投資銀行は世界各国に投資した資産の割合を縮小、再調整する作業を進める。その流れの中で、借金漬けの韓国経済も財務健全性の審判台に立つことになる。FRBのパウエル議長はコロナ感染拡大を受け、20年3月に2回にわたり、政策金利を1.5%も電撃的に引き下げ、現在の0.00-0.25%に抑えた。また、国債を年間1200億ドル買い入れることで資金を供給した。そのおかげでコロナによる衝撃は軽減されたが、資金がだぶつき、物価が上昇し始めた。FRBは今年の米国の消費者物価が年率4.2%上昇すると予想している。物価管理目標(2%)の2倍を超える。

物価が上昇すると、資金供給を減らし、インフレを抑制するのが中央銀行の最大の役割だ。そのため、FRBは年1200億ドル規模の国債買い入れを11月から毎月150億ドル削減する計画を11月3日に表明した。8カ月後の来年6月に国債買い入れ方式の資金供給が終了すれば、雇用状況を見ながら、利上げの是非を決定する方針だ。

スポンサードリンク
来年の物価上昇ペースが速まれば、利上げが予想より前倒しされる可能性もある。ウォール街では利上げが来年後半から始まるとの見解が主流だ。利上げは過熱した景気を冷やし、住宅価格のバブルを解消する役割を果たす。米国が金融引き締めのシグナルを出すかなり前から新興国と一部先進国は既に拡張的な財政基調を縮小してきた。半導体、自動車、食品などの供給不足に加え、天然ガス、石油などエネルギー価格が急騰し、物価が上昇しているためだ。ブラジル、ロシア、ハンガリーはそれぞれ年初来6回の利上げを実施した。メキシコ、ペルー、チェコも4回利上げした。チリ、ポーランド、コロンビアも利上げに同調した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/11/30/2021113080075.html

2021-12-09-k006.jpg

朝鮮日報は、金融システム危機を招く可能性がある衝撃が発生しかねないと懸念する金融専門家が半年前よりも増えていると報じている。主なリスク要因としては、世界的なサプライチェーンの混乱などに伴うインフレ(55%)、家計負債水準の高さ(53%)を挙げる専門家が多かった。米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(金融引き締め)など金融政策の不確実性(42%)と長期金利の上昇(24%)は今回の調査で新たなリスク要因として指摘している。

また韓国国会予算政策処は2日、2年後の2023年以降は政府債務の利払い費用が年間で20兆ウォン(約1兆9300億円)を超えるとの試算を明らかにしている。20兆ウォンは韓国型宇宙ロケット「ヌリ号」の開発にかかった費用の10倍であり、原発4基を建設できる額、全国民に災難支援金40万ウォンずつを支給できる額となる。

今年の政府債務は965兆9000億ウォンで、来年は1072兆6000億ウォンとなり、1000兆ウォンを突破する。26年には1500兆ウォンを超え、8年後の29年には2029兆5000億ウォンで2000兆ウォンの大台を超える見通しだ。1人当たり政府債務も今年の1860万ウォンから30年には4230万ウォンに増えることになる。

関連記事

[ 2021年12月09日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
韓国の国債金利上昇
韓国債券の保有国は1位が中国で、2位が米国らしい。
米国は韓国債券を売って保有高を減らしている。
これは、今言われている金融政策引き締めとは無関係な動きであって、
米国は韓国債券を持つメリットを失っているようだ。
買い手が減るようで、韓国債券は金利が上がっている。
韓国は、米国の金融引き締めよりも、自国の国債金利上昇が問題だろう。
[ 2021/12/09 18:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp