韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  中国経済「恒大危機・強力な防疫」などで低迷…韓国経済も揺さぶられるか

中国経済「恒大危機・強力な防疫」などで低迷…韓国経済も揺さぶられるか

中国経済が大きく揺れている。中国は韓国の最大輸出国であるため、景気悪化の衝撃が韓国経済にも大きな悪材料として作用しうる。主な経済分析機関は現在、中国経済の3大危険要素である不動産の負債、内需不振、輸出鈍化のうち、どの部分でリスクが発生するかによって韓国経済が受ける衝撃が異なるだろうという分析を出している。不動産と内需から始まるリスクは、輸出鈍化によって触発されるリスクよりは相対的に韓国経済に及ぼす影響が少ないという見方だ。

国際通貨基金(IMF)のクリスタリナ・ゲオルギエバ総裁は6日(現地時間)、「新型コロナの局面で中国は驚くほどの回復を遂げたが、成長モメンタムが際立って鈍化している」と警告した。中国国務省傘下の最大シンクタンクである社会科学院も最近、来年の経済成長率を5.3%と予測したが、これはこの30年あまりのうち最も低い数値だ。 中国経済は、恒大グループ(エバーグランデ)など不動産企業の負債危機、電力難、強力な防疫政策の維持などによって成長の流れが急速に鈍化している。このような景気鈍化は、中国と密接な関係にある韓国経済にとっても致命的な打撃となる。

韓国の経済分析機関は、中国の状況を懸念しながら見守りつつも、景気低迷を触発する「原因」に注視している様子だ。韓国銀行のキム・ウン調査局長は先月25日、修正経済見通し発表で「中国の経済成長率が1ポイントほど落ちれば、韓国の経済成長率も平均0.1~0.15ポイント下がる」と述べた。

スポンサードリンク
さらに「中国の成長率が下落する要因が重要だが、消費・不動産投資・輸出のうちどれが減少するかによって影響が違う」とし「不動産と消費部門の問題なら韓国に及ぼす影響は制限的でありうる」と述べた。これは、中国の消費不振など内需で触発する景気鈍化は、韓国経済に与える影響がやや少ないとみられるという意味になる。

実際の対中輸出構造をみればこのような見通しを理解することができる。対中輸出は半導体など中国より競争力が優位の品目を中心に再編されている。そして、中国は韓国の高技術部品を輸入して輸出最終財の生産に活用する。これによって中国の内需の景気が鈍化しても、輸出が堅調な流れを維持すれば韓国の対中輸出も大きく動揺しない可能性があるということだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a193d7f175dfd757566414533c044bb70e8676be

2021-12-06-k002.jpg

中国経済減速の主な要因に新型コロナウイルスの感染再拡大の懸念がある。それに加えて、中国恒大集団の債務問題などの影響も大きい。当面、中国経済の減速はさらに加速する恐れがある。中国への依存度の高い韓国は、今後、中国経済の減速がさらに鮮明となれば、輸出を中心に韓国経済の回復ペースは弱まり、輸出の減少は韓国のGDP成長率の低下要因となる。

感染再拡大に加え、中国共産党政権がアリババなどIT先端企業への締め付けを強化し、株価が下落したことも景気にマイナスだ。中国本土では個人による株式取引の割合が大きい。株価の下落は負の資産効果を高め消費者心理を圧迫し、中国恒大集団のデフォルトが発生すれば、取引先や他の不動産業者の業況や、中国経済を支えてきた不動産市況が悪化して景気の減速が加速化する。世界第2位の規模を誇る中国経済の一段の減速は、主要国の輸出の減少などの経路を通って世界経済全体にマイナスになる。

関連記事

[ 2021年12月10日 07:52 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp