韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国銀行の警告「韓国の家計債務比率、16年間拡大の一途を辿った」

韓国銀行の警告「韓国の家計債務比率、16年間拡大の一途を辿った」

中央銀行である韓国銀行(韓銀)が、韓国の経済規模に比べて家計債務が急速に増えた期間がかなり長いため、住宅価格の下落を伴うデレバレッジング(負債圧縮)現象が起きる可能性があると警告した。特に、住宅価格の下落と家計債務の縮小が同時に現れる場合、経済回復にかかる時間も長くなることが分かった。

韓銀は13日に発行した「マクロレバレッジ変化の特徴およびマクロ経済的影響」(パク・チャンヒョン、ナム・ソクモ、チン・ヒョンテ)と題するイシューノート報告書で、こうした分析結果を明らかにした。比較可能な主要国の債務情報を持つ国際決済銀行(BIS)の資料を基に、同報告書はまず米国や日本、ドイツ、フランスなど主要42カ国での2000年以降の経済規模(名目GDP)に比べた家計債務比率の拡大と縮小の平均期間を計算した。その結果、分析対象期間(2000年第1四半期から2021年第1四半期までの計3435四半期。一部国家は分析対象期間のデータ不在)のうち40%である1374四半期で家計債務比率の縮小現象が現れた。つまり、2000年以降42カ国で家計債務比率が約8年にわたり縮小したという意味だ。

また、研究チームは家計債務比率の拡大と縮小期間に一定の相関関係があるという点も発見した。具体的には、家計債務比率の縮小(デレバレッジング)は通常、家計債務比率の拡大現象が3~4年続いた後に現れ、一度始まったデレバレッジングは平均2~3年間続いた。特に、デレバレッジングが行われた期間(1374四半期)中の23%(約312四半期)の期間中には、住宅価格が四半期ごとに4%前後に下落したものと観察された。分析対象のうち、デレバレッジングと住宅価格の下落が同時に現れた期間が最も長い国は、世界的な金融危機と南欧の債務危機に見舞われたスペイン(2010年第2四半期-2015年第1四半期)と、長期低成長に陥った日本(2000年第1四半期)だった。

スポンサードリンク
韓国の2000年代と2010年代は、このような流れとはかけ離れたものだった。韓国は2003年にクレジットカード危機が本格化したことを受け、2002年第4四半期から家計債務比率が下がり、2004年第3四半期から3四半期連続のデレバレッジングと住宅価格の下落が伴った時期以降は、一度もデレバレッジング現象が現れていない。このような流れは、先進国の中ではフランスとスウェーデン以外は類似した事例がほとんどない。報告書は「韓国は16年間にわたり家計レバレッジ(債務)が累増した。非常に異例の現象だ」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/41983.html

2021-12-14-k002.jpg

韓国の4~6月期の家計債務残高は国内総生産(GDP)に対し104.2%と、世界37カ国・地域の中で最も高い。韓国は新型コロナウイルス下で家計債務が膨らんでおり、この1年間で対GDP比の上昇幅も最も大きかった。世界の主要金融機関が加盟する国際金融協会(IIF)の報告書によると、韓国は4~6月期の対GDP比の家計債務残高が104.2%だった。調査対象の世界37カ国・地域の中で唯一、家計債務残高がGDPを上回った。韓国に次いで、香港(92.0%)、英国(89.4%)、米国(79.2%)、タイ(77.5%)、マレーシア(73.4%)、日本(63.9%)の順。

韓国の対GDP比の家計債務残高は前年同期に98.2%だったが、1年で6.0ポイント上昇した。この上昇幅も香港(5.9ポイント)やタイ(4.8ポイント)、ロシア(2.9ポイント)、サウジアラビア(2.5ポイント)などを上回り、37カ国・地域で最も大きい。世界全体として住宅価格の上昇に伴い家計債務が増えている。特に韓国で対GDP比の残高が拡大した。韓国では今後、政策金利が引き上げられる見通しだ。家計の利子支払い負担が増せば消費が冷え込み、韓国経済の成長の足かせとなりかねない。

関連記事

[ 2021年12月14日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
文在寅は徳政令を出すのか
徳政令は文在寅氏の公約だった。
韓国では徳政令の話が消えたようだ。国民の借金を国が
肩代わりできるレベルを超えているのだろう。
[ 2021/12/14 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp