韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  国際 >  ニューヨーク、ロンドンなどコロナ深刻…各国、年末防疫が非常事態

ニューヨーク、ロンドンなどコロナ深刻…各国、年末防疫が非常事態

新型コロナウイルスのオミクロン株は1.5~3日で2倍に増えている。世界保健機関(WHO)がこのように警告した中、オランダが再び封鎖を開始するなど、各国は年末を前にコロナ遮断に向けて超緊張状態に入った。

オランダのマルク・ルッテ首相は18日(現地時間)、オミクロン株の拡散を防ぐため、19日から来年1月14日まで食堂、美容院、博物館、体力鍛錬施設などを閉鎖すると発表した。ロイターによると、学校もすべて来年1月9日まで閉校し、屋内外の会合も2人に制限される。ルッテ首相はテレビ中継された演説で「オミクロン株が急速に広がったことで第5波が来つつある」と述べた。

英国ではこの日1日でオミクロン株の感染者が1万人増加するなど、オミクロン株の地域での感染が急速に増えている。保健安全保障庁は、英国のオミクロン株感染者数は17日夕までに2万4968人を記録したと発表した。オミクロン株に感染して死亡した人は7人、入院患者は85人。英国全体の18日のコロナ新規感染者は9万418人を記録した。

スポンサードリンク
こうした中、ロンドンのサディク・カーン市長はこの日、ロンドン全域に対し「重大事件」を宣言した。重大事件とは、地域当局や保健サービスなどが特別措置を取る可能性のある状況を意味する。カーン市長は、病院への入院が増えているが、保健従事者はますます不足していると述べた。

ワシントン・ポストの報道によると、ニューヨーク州で18日の新規コロナ感染者が2万1900人と過去最多を記録するなど、米国の状況も悪化しつつある。同紙によると、状況が深刻化し、ニューヨーク市の主な劇場、飲食店などが相次いで閉鎖されるなど、昨年初めにニューヨークに打撃を与えた封鎖措置を連想させる事態が起こっているという。
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42047.html

2021-12-20-k001.jpg

20日の韓国政府によるソーシャル・ディスタンシング強化措置を受け、首都圏の小中高校と非首都圏の過大・過密学校の全面登校が中断され、非常計画が発動されても全面登校は維持するとしていた教育部が、ふたたび部分登校に方針を変え、教育現場は混乱が増しており、小学生の子どもをもつ共稼ぎの保護者らは、冬休み開始の2週間ほど前に急にやって来た子どもの世話をする人がいなくなった事態に、ため息をついていると韓国メディアが報じている。

韓国では、冬休みを目前に控え、不規則な部分登校が防疫にどれほど役に立つのかという声も出ている。密集度の基準に合わせ、学年別に1週間に1日ずつ遠隔授業を行うという結論が出たが、実際のところ、これが防疫のうえで何か大きな意味があるのか分からない。子どもたちだけが混乱し続けている状況としている。

関連記事

[ 2021年12月20日 07:47 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp