韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国の住宅価格7-9月期の上昇率24%、主要56カ国中1位

韓国の住宅価格7-9月期の上昇率24%、主要56カ国中1位

7-9月期の韓国の住宅価格上昇率が主要56カ国で最も高かったという調査結果が出た。 英不動産情報会社のナイトフランクが18日に公開した「世界住宅価格指数」によると、7-9月期に韓国の住宅価格は1年前より23.9%上がった。物価上昇率を考慮した実質住宅価格基準で、調査対象となった主要56カ国で上昇幅が最も大きかった。

韓国に続きスウェーデンが17.8%、ニュージーランドが17.0%、トルコが15.9%、オーストラリアが15.9%、オランダが15.7%などの順で住宅価格が大きく上がったことがわかった。名目基準住宅価格上昇率も韓国は26.4%でトルコの35.5%に続き56カ国で2位となった。ただトルコは7-9月期の物価上昇率が19.3%に達するほどインフレが深刻で、名目と実質上昇率の差が大きかった。

韓国の住宅価格上昇幅は7-9月期が最も急だ。名目基準住宅価格上昇率の場合、韓国は1-3月期に56カ国中29位の5.8%から4-6月期に55カ国中31位の6.8%に高まったのに続き、7-9月期には26%台と大きく上昇した。

スポンサードリンク
韓国が特に上昇が激しいが住宅価格上昇は世界的な現象だ。56カ国の名目基準全体平均上昇率は9.4%で、4-6月期の9.2%に続き高い水準を維持した。マレーシアのマイナス0.7%とモロッコのマイナス2.3%を除いた54カ国でいずれも住宅価格が上がった。特に住宅価格が10%以上上がった国の割合は48%で、新型コロナウイルス流行が始まった昨年1-3月期の13%から大きく膨らんだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/285827?servcode=300§code=300

2021-12-20-k005.jpg

今年2月の韓国の住宅価格上昇率が主要56カ国・地域のうち39位だった。英国の不動産情報業者ナイト・フランクの資料によると、韓国の第3四半期の住宅価格は1年前に比べ2.9%アップしたとしている。韓国の住宅価格は今年第1四半期には前年比0.1ポイントアップし、上昇スピードが55位だったが、第2四半期に入って前年比1.3ポイント(45位)上昇。第3四半期にはさらに上昇スピードが増すとした。

住宅価格が最も上昇した国はトルコで、1年間で27.3%もアップしたことが分かった。ニュージーランド(15.4%)とルクセンブルク(13.4%)がそれぞれ2位、3位にランクイン。以下、スロバキア(11.8%)、ポーランド(10.9%)、ウクライナ(10.3%)、オーストリア(9.5%)、ロシア(9.2%)、オランダ(8.5%)、クロアチア(8.3%)の順だったが、今回の記事では、かなり順番が入れ替わっている。

今後のオミクロン株の影響で変わる可能性はあるが、韓国は7-9月期上昇率を維持するのもと思われる。

関連記事

[ 2021年12月20日 08:25 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp