韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  EV世界戦争とトヨタの勝算 販売店網充実の強みで独走のテスラ逆転か?

EV世界戦争とトヨタの勝算 販売店網充実の強みで独走のテスラ逆転か?

トヨタ自動車が電気自動車(EV)への巨額投資を発表したことで、世界の〝EV戦争〟が開戦した。既存の自動車メーカーに加え、EVで独走する米テスラや急伸する中国勢のほか新興メーカーも続々誕生している。群雄割拠のなか、トヨタはEVでも勝てるのか。

トヨタの豊田章男社長は14日、EVの世界販売台数を2030年に350万台とする目標を掲げ、4兆円規模の投資を行うと発表した。従来の販売目標の200万台を大幅に上回る数字で、同年までにEV30車種を展開する。ジャーナリストの片山修氏は「世間ではEVに後ろ向きともされてきたが、あれだけの販売目標、新規車種を打ち出したのは完全なサプライズだ。これまでEVの開発実績もあるため、各メーカーは身構えざるを得ない」と評価する。

世界のトップメーカーが戦略を大転換させた形だが、各メーカーはすでにEVシフトを加速させている。トヨタと世界販売台数でしのぎを削る独フォルクスワーゲン(VW)は9日、22~26年の間にEVやデジタル技術に890億ユーロ(約11兆4600億円)を投資すると発表した。30年に世界販売の5割をEVにする目標で、現在の販売台数から考えれば500万台超の規模となる。

スポンサードリンク
新興勢力も覇権を狙っている。EV分野における世界販売でトップを独走するのは、米誌タイムで「今年の顔」にも選ばれたイーロン・マスク氏率いる米テスラだ。EV専業でネット販売中心の同社は、半導体不足のなかで今年7~9月の販売台数が24万1300台と四半期で過去最高を更新する好調ぶりだ。

トヨタがEVの投入を始めるとテスラも直接対決することになる。片山氏は「テスラの高級車路線に対してトヨタは35年までに『レクサス』ブランドをEV比率100%にするとしている。ネット販売のテスラと比べると販売店網が充実している強みもあり、十分に逆転可能ではないか」との見方を示す。
https://www.zakzak.co.jp/article/20211220-C2EFY4KQVBKSXFY42RZWTIQTF4/

2021-12-20-k007.jpg

トヨタは2021年12月14日、レクサスブランドのEV(電気自動車)スポーツカーを世界初公開した。同社のショールーム「MEGA WEB」で開催した「バッテリーEV戦略に関する説明会」のなかで披露した。説明会でレクサスは今後、「EVブランド」に生まれ変わることが明かされた。2030年には欧州・米国・中国で、2035年には世界でBEV販売割合100%化を目指すという。

今回発表されたEVスポーツカーは、そのようなBEVのフルラインナップ実現に向けて開発されるもので、トヨタの豊田章男社長はEVスポーツカーについて、『LFA』で磨いた“レクサス秘伝のたれ”を継承する次世代のスポーツカーを、BEVで開発すると説明している。LFAは、2012年までに世界で500台のみが生産されたレクサス最高峰のスポーツカーで、パワートレインは、9000rpmの4.8リッターV型10気筒エンジンと6速ASG(オートメーテッドシーケンシャルギアボックス)を組み合わせている。

新たに開発するスポーツカーは、0-100km/h加速タイムは2秒前半、航続距離は700kmオーバーを目標とし、全固体電池の搭載も視野に入れるとしている。

関連記事

[ 2021年12月20日 08:37 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
トヨタ流
EVというのは、自動車の動力源の原理がひとつ増えたという
拡張であって、全分野にラインナップするというトヨタに
とっては、ひとつの品ぞろえに過ぎない。

ルマン連覇のトヨタには何でもできる技術がありそうだ。
過激な加速力を備える電気モーター車をどう作るかが
EV開発競争だろう。
[ 2021/12/21 20:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp