韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  飲む治療薬の承認、コロナ禍のターニングポイントになるか

飲む治療薬の承認、コロナ禍のターニングポイントになるか

2年近く続く新型コロナウイルスの感染拡大が、ターニングポイントを迎えるかどうかに注目が集まっている。 米国食品医薬品局(FDA)は22日、ファイザー社の新型コロナ治療薬「パクスロビド」を承認した。食品医薬品局はパクスロビドを家庭用として緊急に使用することを許可した.

パクスロビドの承認は、コロナ禍の重大なターニングポイントになるとみられる。メルク社が開発した飲み薬も近く承認されると予想されるが、ファイザーのパクスロビドの方が広く使われるものとみられる。AP通信の報道によると、パクスロビドは副作用が少なく、効果が優秀で、新型コロナ入院患者と死亡者を90%減らす臨床試験結果が出たという。

ファイザーが食品医薬品局に提出した臨床試験結果によると、同薬を服用した2250人の治療対象患者は入院と死亡率が89%減った。これらの患者は軽い新型コロナ症状が3日以内に続いた患者だ。同薬を服用した患者のうち1%以下が入院し、30日の臨床試験期間中に死亡者はいなかった。一方、同薬を飲まなかった対照群では6.5%が入院し、そのうち9人が死亡した。米ニューヨークのマヨクリニックのグレゴリー・ポーランド博士は「効果が高く、副作用が少なく、飲める薬」だとし、「すべての条件を満たす」と評価した。米国のジョー・バイデン大統領は同薬が「新型コロナの蔓延から抜け出す道に向かう我々の歩みにおいて重大な一歩」を象徴すると評価した。

スポンサードリンク
食品医薬品局はパクスロビドを12歳以上の人に服用することを許可した。入院する危険性が大きい初期症状を見せる人々を対象とする。肥満や心臓病のある人も服用できる。腎臓や肝臓に深刻な疾患を持つ人には勧められない。12歳以下の子どもが服用するためには、体重が40キロ以上にならなければならない。パクスロビドは優勢種化する「オミクロン」にも効果的なものと予想される。 
http://japan.hani.co.kr/arti/international/42096.html

2021-12-24-k001.jpg

厚生労働省が12月24日に承認審査を行う、アメリカの製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルスの飲み薬について、イギリスは感染者の急増に対応するため追加の契約を決めている。だがフランスは臨床試験で当初期待していたほどの効果はなかったとして発注をキャンセルした。アメリカの製薬大手メルクによると、飲み薬「モルヌピラビル」をめぐって、臨床試験では入院や死亡のリスクをおよそ30%低下させる効果がみられ、これまで30以上の国と契約を結んでいると伝えている。

一日の新たな感染者が10万人を超えるなど感染が急拡大するイギリスは、12月22日、ファイザーが開発した飲み薬に加え、メルクの「モルヌピラビル」も追加で175万回分購入する契約を結んでいる。フランスは12月22日、メルクの臨床試験の結果が当初期待していたほどではなかったとして発注をキャンセルし、代わりにファイザーの飲み薬を調達する方針をかためた。EUの医薬品規制当局、EMA=ヨーロッパ医薬品庁は11月、緊急時などには使用できると発表しましたが、承認に向け審査を進めている。

関連記事

[ 2021年12月24日 07:55 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
本当に効果があるのかは、使ってみないと判らない。
米国政府は、またもや「治験」をせずに緊急使用承認するのか....
[ 2021/12/25 05:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp