韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  中国スマホ企業がフォルダブルフォン市場に参入…サムスンの”次の一手”に期待高まる

中国スマホ企業がフォルダブルフォン市場に参入…サムスンの”次の一手”に期待高まる

2021年12月22日、韓国・毎日経済は「サムスンが独走していたフォルダブルフォン(折り畳み式スマホ)市場に中国メーカーが続々と参入する中、サムスンが新たなフォームファクターの開発で引き離しにかかる」と報じた。

記事によると、サムスンは5月に世界知的所有権機関(WIPO)に二重スライドスマートフォン関連の特許を出願した。この特許は画面を上下と左右の2方向に拡張させることができる形態で「デュアルスライドフォン」や「スライダブルスマートフォン」とも呼ばれている。さらに、サムスンは同月にフォルダブルフォンとローラブルフォン(巻き取り式スマホ)を組み合わせた特許もWIPOに登録した。この機器の名称は「GalaxyZfold&Slide」で折り畳みと巻き取りの2つの技術が適用されている。

特許を出願しても商用化されないケースもあるというが、業界は「サムスンはフォルダブルフォン市場をリードしているため、次のフォルダブルフォンには新たなフォームファクターが適用される可能性が高い」とみているという。ある業界関係者は「新製品発売までの過程は通常、先に特許を登録して市場の反応をうかがい、価格や使用性、大量量産の有無など多方面から総合的に判断して発売するかどうかを決める」と説明したという。

スポンサードリンク
また業界は、フォームファクターを変化させるというサムスンのこうした試みについて「競争で生き残るための当然の手順」「低価格を武器とする中国に勝つには技術力を向上させるしかない」と話している。中国メーカーのスマホは最近、技術力が格段に向上したにもかかわらず低価格を維持しているため、サムスンを脅かせる位置にまできたと評価されているという。

市場調査会社カナリスの調査では、今年4~6月期の世界のスマホ市場で中国の小米(シャオミ)はシェア17%を記録し、米アップルを抑え2位となった。1位のサムスン(19%)との差もわずか2%だった。シャオミがこの順位を記録したのは2010年の創設以来初めてのことという。
https://www.recordchina.co.jp/b886998-s39-c20-d0191.html

2021-12-24-k002.jpg

サムスンディスプレイは、巻き取り式ディスプレイおよびスライド式ディスプレイの二種の開発が進んでいることを公式に認めている。巻き取り式ディスプレイについては、その名前の通り「巻き取る」ということが可能。また、スライド式ディスプレイについても「伸ばす」という動作ができる。OPPOもスライド式ディスプレイを採用した新製品を開発中だが、製品化にはまだ至っていない。サムスンとOPPOの間で品質とスピードを競うバトルの展開が予想される。

サムスンによる折り畳み式ディスプレイはGalaxy Z FlipシリーズおよびGalaxy Z Foldシリーズに採用されている。新製品が出るにつれその折り畳み式ディスプレイの耐久性や品質など技術の進歩が反映されている。一方で巻き取り式ディスプレイとスライド式ディスプレイはまだ開発途中の技術で、今後どれだけ実用化がされてくるか期待される。

関連記事

[ 2021年12月24日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp