韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  文大統領 27日にサムスン副会長を含め大企業トップらと会合

文大統領 27日にサムスン副会長を含め大企業トップらと会合

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が27日に大企業のトップらを招き昼食会を開く。青瓦台(大統領府)が24日、発表した。

サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長も招かれていることが分かった。朴槿恵(パク・クネ)前大統領らへの贈賄罪などで服役した李氏が8月に仮釈放されてから、文大統領と会うのはこれが初めて。 若者の雇用拡大のため、政府が支援する事業「青年希望ON」に参加するKT、LG、SK、現代自動車などのグループのトップらも招待されるという。

文大統領は今年6月にも、国内4大企業グループ(サムスン、現代自動車、SK、LG)トップらを青瓦台に招き、昼食を兼ねた懇談会を開いた。 今回の昼食会で文大統領は、各企業が青年希望ONを通じて若者の雇用創出に向け積極的に対応したことに謝意を伝えるとみられる。
https://news.livedoor.com/article/detail/21411684/

スポンサードリンク
統領府は27日に、李副会長や鄭義宣現代自グループ会長、崔泰源SKグループ会長、具光模LGグループ会長、崔正友ポスコグループ会長、具鉉謨KT会長らを大統領府に招いて懇談会を開く日程を調整している。すべて政府が進めている官民協同青年雇用創出プロジェクト「青年希望オン(ON)」に参加した企業となる。

2021-12-25-k005.jpg

これまで6社が当該プロジェクトを通じて今後3年間約束した雇用は、KTが1万2000件、三星が3万件、LGが3万9000件、SKが2万7000件、ポスコが2万5000件、現代自が4万6000件の計17万9000件。文大統領は懇談会で、大手企業各社の雇用創出努力に感謝を示し、コロナ禍の中、経済回復に役割を果たしてほしいというメッセージを伝えるものと見られる。文大統領が大手企業のトップと会うのは、6月以降初めてとなる。

関連記事

[ 2021年12月25日 09:24 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
いまさら感
文政権韓国のトレンドは、企業の海外進出。
その背景には、法人税引き上げ、最低賃金引上げがあった。
最終弾はサムスンがバイデンに引っ張りこまれた
米国工場大型投資。
今ごろ、「一緒にメシ食って話そう」ではなかろう。
[ 2021/12/25 13:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp